« 「生」観戦した野球場(2)-明治神宮野球場 | トップページ | バファローズ、野茂を獲得へ »

2006年2月18日 (土)

千葉茂さんのカツカレー

今日は何年かぶりで銀座に行く用事があったので昼食をガス灯通りにある「グリル・スイス」で取りました。

この店は日本プロ野球初期の大スター選手、今は無き千葉茂さんが贔屓にしていた洋食店で、千葉さんの「カレーライスにカツ丼をつけてくれ」という一言でカツカレーが発案されたというカツカレー発祥の店として有名なのです。

(http://r.gnavi.co.jp/g306400/)

千葉さんの一声で産まれたカツカレーは今でも「千葉さんのカツレツカレー」としてこの店の人気メニューであり続けている。

「銀座」という街の、言ってみれば裏通りにあるこの店は四人が座れるテーブルが六個ある小さな店だが昼食時にはいつも相席を余儀なくされる。今日は14時を回っていたがそれでもほぼ満員だった。メニューに千葉さんの笑顔の写真があり、壁には千葉さんの色紙や千葉さんを偲ぶ故郷の愛媛新聞の記事が貼られている。

「千葉さんのカツレツカレー」通称「チバカツ」は三年前と変わらぬ味だった。味が変わらないことが何より嬉しい。

千葉茂さんは日本プロ野球初期のジャイアンツの二塁手として活躍。長嶋茂雄さんに「背番号3」を譲った人物としても有名。ニックネームが「猛牛」だったことから旧近鉄の監督になった時にチーム名が「バファロー」となったことはあまりにも有名だ。監督のニックネームがチーム名に反映された例はおそらく他にないだろう。

近鉄バファローズという球団は、2005年の球団合併により、事実上消滅した。敗戦処理。が日本のプロ野球に興味を持って約四十年。球団の身売りという事例にはいくつか接したが、合併・吸収によって消滅するなんて信じられなかった。

合併しても「バファローズ」という名前だけは残った。しかしそんなことは気休めにしかならないと思っているバファローズファンは少なくないようだ。事実、合併球団の小泉隆司球団社長兼代表は一連の騒動の最中さかんにチーム名を「バッファローズ」と呼んでいた。形だけ名称を残しているという魂胆が明らかだ。

バファローズ球団がこういう末路をたどったのは球団のいっこうに改善されない赤字体質が原因であるが、親会社である近畿日本鉄道自体の経営も逼迫しており、赤字のグループ会社を切り捨てざるを得ない状況であった。球団が吸収され、あの愛着のある猛牛マークも消滅した。実はあのマークは球団だけでなく一部の近鉄グループでも使用されていて、近鉄物流のトラックが車体にこのマークをデカデカと掲示していたが、その近鉄物流も球団同様に切り捨てられ、別の資本が入ることでこのマークを使わなくなってしまった。球団が消え、本拠地大阪ドームは破産して競売にかけられる。その前の本拠地であり、大阪ドーム誕生後もファームの試合に使われていた藤井寺球場も取り壊しが決まり、日生球場に至っては跡形もない。

敗戦処理。は旧バファローズのファンではない。ファンでもない者が軽々しくノスタルジックに語るのは申し訳ない気持ちもあるが、日本のプロ野球そのものを愛している身として、景気や社会情勢で球団の親会社が変わることは仕方ないにしても、球団そのものがこうした形で消滅、姿を変えてしまうのは許し難い。バファローズにまつわるものがどんどんと消えていく中、銀座ガス灯通りにあるこの小さな店にはいつまでも変わらぬカツカレーを提供し続けて欲しいものだ。

旧バファローズのあの猛牛マークが岡本太郎画伯のデザインであることは有名だが、岡本太郎画伯が球団のペットマークを作ることになったのは千葉茂さんと岡本画伯が懇意にしていたからだという。

|

« 「生」観戦した野球場(2)-明治神宮野球場 | トップページ | バファローズ、野茂を獲得へ »

コメント

記事によってはご賛同頂けないものも当然あるかとは存じますが、そう言って頂けるのはブログを書くものとして励みになります。
ありがとうございます。

命名権の問題ですが、もちろん、
「俺たちのマリスタ。マリスタという名前以外ありえない!」
というファンの方の率直な思いはあるかと思うのです。

ただこの問題に限らず、
「夢を売るだけでは食べていけない」
という現実が04年の件でまざまざと見せ付けられたわけで、全ての野球ファンは
「親会社は引き続き赤字覚悟でファンに夢を与え続けてください」
とは強要できないと悟るべきではないか?とも思うのです…

投稿: Eagles fly free | 2006年2月22日 (水) 21時19分

Eagles fly free 様、

>同じ野球を主題とするブログを運営しているものとして、大変参考になります。

当方はまだまだブログ初心者ですので、とてもとても…。

貴ブログの最近のものを拝見させていただきました。

金田正一さんを知らなかった内海の話などは、こちらでは書くタイミングを逃しましたが、まさしくご指摘の通りですね。
(二軍の練習を中断したことに関する指摘も含めて)

またWBCを辞退した松井秀喜に関しても同感。


ところで「千葉マリン命名権問題」は初めて聴きました。

>ロッテファンを中心に
>「赤字補填の代替案無き反対」
>が主流なようです。

「ファン」という立場で自由に発言するという点では「代替案無き反対」であっても、それはそれで構わないと思います。

幅広く意見を募るという点で考えたら、代案を求めるなどすると、声を拾いきれなくなるかもしれないと思います。

もっともマリーンズという球団とファンの関係を考えた場合、
球団がファンに身近に接して貰いたいと意図的に取り組んでいるのか、あるいはファンの側が過剰に球団側に寄り添うようなスタンスで接しているのかどうか知りませんが、いわゆる「二十六人目の戦力」であることを自負しているのであれば、赤字解消策の一環としての命名権という案を反対するに際してそれなりの代替案を提示して欲しいものですね。

投稿: 敗戦処理。 | 2006年2月21日 (火) 23時36分

こちらこそ。
同じ野球を主題とするブログを運営しているものとして、大変参考になります。

近鉄に関するものがなくとも、千葉さんはプロ野球草創期のよすがをしのぶことができる尊敬すべき方ですし、行かない手はありませんね。

という理屈をこねずとも、美味しそうですし^^;

鈴木氏の監督時代はファンとして正直?だったのですが、だからといって現役時代の栄光が否定されるものではありませんので、永久欠番の失効は残念でした。
ただ(ご本人の許可を得て失効したという事実は初耳だったのですが)どちらにせよ、ある意味それでよかったと思っています。
「近鉄バファローズ」
は、最早何処にも存在せず、あるのは我々の記憶の中にのみですから。

むしろそれ以上に残念なのは、
「二度とあの悲劇は繰り返さない!」
という視点がファンの皆さんの間で希薄なことです。

卑近な例を申せば
「千葉マリンスタジアム命名権問題」
など、ロッテファンを中心に
「赤字補填の代替案無き反対」
が主流なようです。

過日の危機は決して消え去った訳ではなく、今も続いているのですが…

投稿: Eagles fly free | 2006年2月21日 (火) 00時00分

Eagles fly free 様

ブログを初めて約半月。初めてコメントをいただいて感激しています。ありがとうございました。

グリル・スイスはオススメです。千葉さんがカツカレーを発案したのは巨人軍時代なので「近鉄」を意識するものは店内にはありませんが…。

話は変わりますが、鈴木啓示氏が合併球団で自分の永久欠番をつける選手が出ることに合意したことで、この合併球団を自分が応援してきた「近鉄バファローズ」と別のチームなのだと割り切る決断が出来たという旧近鉄ファンの友人の話を聞いて、あらためて取り返しのつかないことをしてしまったのだなと思いました。

永久欠番も消えてしまったものの一つでしたね。

投稿: 敗戦処理。 | 2006年2月19日 (日) 23時48分

はじめまして。
先ごろ初めて貴ブログを拝見し、穏やかな筆致の中の鋭いご見識に感服した者です。

> 合併しても「バファローズ」という名前だけは残った。しかしそんなことは気休めにしかならないと思っているバファローズファンは少なくないようだ。事実、合併球団の小泉隆司球団社長兼代表は一連の騒動の最中さかんにチーム名を「バッファローズ」と呼んでいた。形だけ名称を残しているという魂胆が明らかだ。
---
まさしく私もそう思った旧近鉄ファンの一人です。
個人的には過日の件でオリックスだけを悪者にするつもりはないのですが、あれは酷いと感じました。
ブレーブスを公募という名の元にブルーウェーブと変更した件とも併せ、伝統的にそういう企業なのかもしれません…

追伸
千葉さんのカツカレーは残念ながらまだ未体験なのですが、本稿を拝見し今年こそは、と思いを新たにした次第です^^;

投稿: Eagles fly free | 2006年2月19日 (日) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/749528

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉茂さんのカツカレー:

« 「生」観戦した野球場(2)-明治神宮野球場 | トップページ | バファローズ、野茂を獲得へ »