« 出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記 | トップページ | 桑田真澄、球団HPで引退表明!? »

2006年9月23日 (土)

ファイターズ快進撃の影の立役者は最下位チームの監督!

9月の段階でのパ・リーグ首位は1998年以来8年ぶりだとか、東映フライヤーズ時代の年間記録を四十何年ぶりに更新したりして、マジでシーズン勝率一位通過でのプレーオフ進出も夢でないファイターズですが、敗戦処理。としてはその快進撃の影の立役者として、ある最下位チームの監督を挙げたいと思います。

もちろん、対ファイターズ戦3勝17敗と、バファローズとともに大きくこのチームの快進撃に貢献した現在パ・リーグ最下位のゴールデンイーグルスの野村克也監督のことを指しているのではありません。9月21日現在で3257敗2分け、勝率.360で最下位であるばかりか、一つ上の順位のチームに11.5ゲーム差もつけられているイースタン・リーグの最下位、ファイターズの岡本哲司二軍監督のことです。

今シーズンの一軍とは対照的なファイターズのファームの状況については何度もこのブログでふれてきましたが、少し見直さなければならないことに気付きました。

(画面左のカテゴリー「鎌ヶ谷へ愛を込めて」をダブルクリックして下さい。)

今年のファイターズのファームの闘いぶりはひどいものです。しかし、ファームのもう一つの(というか本来の)役割、一軍で貢献出来る選手を一軍に送り込む-この点に関して考えると、かなりの貢献度です。

4月にイースタンのローテーション投手として好投を続けていたのを評価されて一軍に上がったとたんに先発で勝利投手になった橋本義隆を皮切りに、上げた時は疑問符の付いた押本健彦が試合序盤のセットアッパーとして大活躍したり、この土壇場に来て伊藤剛がこれまたセットアッパーとして活躍。昨シーズンまで鎌ヶ谷で岡本監督の元で揉まれていた選手にまで拡張すると武田久、鶴岡慎也、田中賢介、飯山裕志が今では一軍になくてはならない戦力になってきました。

今挙げた選手達が二軍から卒業したからファイターズはイースタン・リーグで勝てないだけの話ではないのか?-こういう疑問が出てくるでしょう。それも確かにあるでしょう。しかしそのような視点でファイターズのファームが弱体化した要因を考えるとすれば、むしろここ一、二年の間での急激な新旧交代の方が弱体化の要因と言えるでしょう。

ファイターズは2003年、2004年と二年連続してイースタン・リーグ優勝を果たしました。しかしその主要メンバーが一軍に巣立ったかというと必ずしもそうではなく、二連覇に貢献したファームの主とも言える西浦克拓、藤島誠剛、林孝哉、渡邊孝男、上田佳範といった選手達を敢えて戦力外とし、急激に新旧交代を図った結果だと思っています。ファイターズのファームは今季は育成に重点を置いた一年という位置づけにならざるを得なかったのかもしれません。

昨年の日本一、アジアチャンピオンから一転してプレーオフ進出争いに敗れたマリーンズはファームが昨年今年とイースタン・リーグV2です。こちらも来季の復活を賭ける一軍に送り込まれそうなフレッシュな若手が多いです。既に今季、初芝清や小坂誠の抜けた枠を、青野毅、根元俊一らが埋める兆しを見せています。

夏場の鎌ヶ谷ではあまりの体たらくに岡本監督の責任問題に触れる常連客もチラホラと見かけました。確かに年がら年中あんな試合を見せつけられていればそう思うのは無理もありません。一軍でローテーションに入っていなければならない江尻慎太郎正田樹はいつも打たれている印象があります。大器と呼ばれて久しい須永英輝、「三年計画」通りであれば今季は一軍で活躍しているはずの尾崎匡哉や一年間不動の四番として使い続けた鵜久森淳志といった期待の若手も試合では期待に応えてくれません。彼らの一軍への巣立ちは来年まで待たねばならないでしょうが、先程挙げたような選手達の一軍での活躍を考えたならば、岡本監督の評価も考え直さなければならないのでしょうね。

残りのイースタン・リーグの日程表と、敗戦処理。のスケジュールを照らし合わせ、もう今年はファームの試合を観戦出来そうもないことに気付き、ボロ負けの試合ばかり観させられた今シーズンを振り返り、にわかに思い立ったことを書き連ねてみました。

|

« 出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記 | トップページ | 桑田真澄、球団HPで引退表明!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/3544261

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ快進撃の影の立役者は最下位チームの監督!:

« 出るか明日の巨人の星!巨人軍新人入団テスト見物記 | トップページ | 桑田真澄、球団HPで引退表明!? »