« がっかりだった根来裁定…パウエル問題でまさかの誰にもお咎めなし!! | トップページ | そして誰もいなかった!…カビーの横には »

2008年3月 1日 (土)

江藤慎一さんの訃報に接して

28日夜、仕事を終えてインターネットのニュース速報をチェックしていて驚いた。「闘将」の名で親しまれ、日本プロ野球で唯一人、セ・パ両リーグで首位打者に輝いた江藤慎一さんが亡くなられたという。70歳だったという。まだ若い。

江藤さんは敗戦処理。にとっては直接サインをしてもらった二人目のプロ野球選手だった。(ちなみに一人目はV9ジャイアンツの左のエース、高橋一三さん)

敗戦処理。が野球に興味を持ち始めた頃、江藤さんはホエールズ(現ベイスターズ)のユニフォームを着ていた。そしてライオンズに移り、昨シーズンまでの古田敦也のようにプレイングマネージャーに就任した。プレイングマネージャー一年目の江藤ライオンズは二シーズン制のパ・リーグで年間三位入りを果たした。この時既にライオンズは「西鉄」ではなく「太平洋クラブ」だったが、福岡のライオンズとしてはこの年が最後のAクラス入りだった。

プレイングマネージャー一年目にAクラスの好成績だから、二年目にもと思った矢先にチームはレオ・ドローチャーという当時68歳だった外国人監督を招くことを決定。江藤さんはコーチ兼選手に格下げされた。一度はこの降格人事を受け入れた江藤さんだったが、退団して金田正一監督率いるオリオンズ(現マリーンズ)で一選手としてプレーする道を選ぶ。そして皮肉なことに、ドローチャー監督は就任決定後に体調を崩し、一度も来日することなく退団した。

訃報を伝える各スポーツ紙が大きく紙面を割いて江藤さんの現役時代について触れているように、豪快なスラッガーだったようだ。四球団を渡り歩きながらも「ドラゴンズの江藤」というイメージが一番強いようだが、敗戦処理。的には古き良き時代のパ・リーグの一匹狼的スラッガーの系譜に江藤さんを重ねて観ていた。

敗戦処理。がリアルタイムに現役時代を観ている選手では長池徳二、張本勲、大杉勝男、土井正博、門田博光、大田卓司…。最近では石井浩朗、中村紀洋。ちなみに清原和博や山崎武司はちょっと違う。中田翔がこの系譜を嗣いでくれるような気がしているが、巧く言えないが江藤さんのようなタイプの豪快で無骨なスラッガーはいつの間にか日本のプロ野球では少数派になってしまっていた。

また一つ 昭和が遠く なりにけり

江藤さんの訃報に接し、そんな感想を持った。

 

 

最後になったが、謹んでご冥福をお祈りします。

 

 

P.S.

江藤さんの現役時代の功績に触れるスポーツ紙のほとんどが「史上初、両リーグで首位打者!!」と讃えているが、「史上初」であるだけでなく「唯一」であることを強調して欲しいと感じたのは敗戦処理。だけだろうか。張本勲も落合博満も両リーグでの首位打者には手が届かなかったのだから。

|

« がっかりだった根来裁定…パウエル問題でまさかの誰にもお咎めなし!! | トップページ | そして誰もいなかった!…カビーの横には »

コメント

長緯様、コメントをありがとうございました。

プロ野球に興味を持ち始めた頃の中心選手が亡くなられるというのは寂しいものです。

また、自分も随分とトシを取ったのだなと感じるものでもあります。

古き良き時代のスラッガー、江藤さんにはそんなイメージが強いです。


本当に寂しいです。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年3月 2日 (日) 22時45分

こんにちは。お久しぶりです。
自分が子供のころに初めて買った「週刊ベースボール」の表紙が、オリオンズに移籍した江藤選手がスイングする姿で、すごく印象に残っています。
誌の中の記事で、江藤選手が、ライオンズを去った時の気持ちとか、淡々と描かれていたのを読んで、「大人の世界」の厳しさが、当時自分にも少しわかったような気がしていました。
自分はそんな「厳しさの魅力」からプロ野球に惹かれていったことを思い出しました。
江藤さんのご冥福をお祈り申し上げます。

投稿: 長緯 | 2008年3月 2日 (日) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/10842028

この記事へのトラックバック一覧です: 江藤慎一さんの訃報に接して:

« がっかりだった根来裁定…パウエル問題でまさかの誰にもお咎めなし!! | トップページ | そして誰もいなかった!…カビーの横には »