« 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? | トップページ | 清原和博 in ファーム…。 »

2008年5月 2日 (金)

「生」観戦した野球場(44)-藤井寺球場

03_2  

 

いろいろな野球場で日本のプロ野球を観てきました。その数40以上。だからどうしたと言われればそれまでですが。

このコーナーでは敗戦処理。がプロ野球の試合を観戦した野球場について順に書いています。当面、月に1回、毎月2日に書いていこうと思います。なおバックナンバーは左欄のカテゴリー別から敗戦処理。が「生」観戦した野球場を選び、ダブルクリックして下さい。

記念すべき40個目の観戦球場は旧バファローズの元本拠地、藤井寺球場でした。

44回 藤井寺球場 観戦球場ファイル-40

父に連れられて初めて後楽園球場に足を運んでから足かけ31年。ついにプロ野球の試合を観戦した球場が40個を数えた。その記念すべき球場は旧バファローズの元本拠地、藤井寺球場。観戦日は2004年8月14日。そう、旧バファローズが経営的に立ちゆかなくなり、旧ブルーウェーブに合併されるという発表に端を発した球界再編騒動の渦中の時期だった。

前回のこのコーナーで取り上げた阪神鳴尾浜球場と、ヤフーBBスタジアムと、この藤井寺球場での野球観戦を目的とした野球観戦旅行であったが、その締めくくりに選んだ藤井寺球場での観戦が敗戦処理。にとって通算40個目の観戦球場となった。

そして偶然にも、この日の対戦カードは当事者同士。旧バファローズ対サーパス(旧ブルーウェーブのファーム)。

このエントリー、いや当ブログを読んで下さる方々には釈迦に説法だろうが、旧バファローズが大阪ドームを本拠地にしてからは藤井寺はファームの本拠地となった。

結局この年限りで旧バファローズは旧ブルーウェーブに合併されて消滅という形になったため、藤井寺球場が旧バファローズのファームの本拠地として使用されたのもこの年限り。他に高校野球の大阪大会などでも使用されていたようだが、球団消滅でその役割を終えたとして翌年には閉鎖された。

最終年に初めて足を運んだ敗戦処理。の印象でも老朽化はすさまじかった。

二日前に同じウエスタン・リーグ後期公式戦を観戦したタイガースのファームの本拠地は入場無料だったが、こちらは入場料300円。

余談だが、ファームの本拠地の中にはファームの公式戦でも入場無料で観戦できる球場がいくつかある。それらはほとんどが観客から入場料を取るほどの設備でないというのが最大の理由だろうが、敗戦処理。的にはこの当時の藤井寺のようにファームの試合でも少額でも入場料を取るべきだと考えている。

ファームの選手といえど、試合を観に来るお客さんからお金をいただいている、そのお客さんの期待に応えるのがプロ野球選手の務めであるということをファームにいる時点から認識して欲しいからだ。

試合は渦中の合併騒動の当事者同士の対決ということで、前回取り上げた鳴尾浜をさらに上回るえげつないヤジの応酬の中で行われていた。敗戦処理。は「きっと、70年代や80年代の関西でのパ・リーグの試合はいつもこんな感じだったのだろうな」と思いながら観戦した。

旧バファローズファンから敵方の監督に向けて「アホ、アホ、アホのカトウ」とヤジが飛ぶ。しかし自チームの先発投手が加藤伸一。

「カトウはそっちのピッチャーやろう?」

「アホ。オマエ等の監督のこっちゃ!」

そして、この応答を煽るように、

「喧嘩すなや。来年から一緒になるんやから」

と、火に油を注ぐようなヤジも飛んでいた。

歴史のある球場でありながら、近隣住民の反対に遭って長くナイトゲームが出来ず、そのために旧バファローズ初の日本シリーズではホークスのフランチャイズである大阪球場を借りるはめになった。

その後ナイトゲームを行えるようになり、初めて日本シリーズを藤井寺で行った年にはジャイアンツ相手に三連勝のあと、四連敗を喫してしまい、この藤井寺で宙に舞ったのは仰木彬監督でなく、藤田元司監督であった。そんな何か、悲劇につきまとわれる球場というイメージがあった。

この年、野球ファンを中心に世論の圧倒的な反対と、それをバックボーンに闘った日本プロ野球選手会の尽力によって球界再編は最悪の事態を免れた。しかしその煽りを受け、パ・リーグのファンが楽しみにしているパ・リーグ東西対抗が中止になった。存続の危機に立たされる中、そこまで手が回らなかったというのが実情だったようだが、例年、静岡草薙球場で行われるこの恒例行事をこの年だけでも藤井寺で開催して欲しいと考えたのは敗戦処理。くらいだろうか?

|

« 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? | トップページ | 清原和博 in ファーム…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/10883996

この記事へのトラックバック一覧です: 「生」観戦した野球場(44)-藤井寺球場:

« 上原浩治二軍落ち-「口は災いの元」? | トップページ | 清原和博 in ファーム…。 »