« あぶさん は引退するのかしないのか!? | トップページ | ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。 »

2008年10月21日 (火)

もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか?

Photo パ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージは今日(21)の第四戦にライオンズが9対4で勝ち、アドバンテージの1勝を含め3勝2敗と日本シリーズ進出に王手をかけた。逆にファイターズはいよいよ後がなくなったが、明日の予告先発は第一戦でひとりで10失点して敗戦投手になったライアン・グリン。うーん。第1ステージの第二戦に先発して勝利投手になり、第2ステージでは全試合ブルペン待機している藤井秀悟の先発という選択肢は梨田昌孝監督の頭の中にはないのですかね?

えっ、藤井じゃ危なっかしい? 大丈夫です。藤井秀悟は変わりました!!

 

(写真:第五戦の予告先発のグリンと敗戦処理。が推す藤井)

スワローズから今シーズントレードでファイターズにやってきた藤井はセ・リーグでは最多勝に輝いたこともある左の先発ローテーション投手。ダルビッシュ有、ライアン・グリンと先発三本柱を形成してくれると期待したファイターズファンも多かったことだろう。

事実、今シーズンは開幕第二戦の先発に抜擢された。しかしなかなか打線との噛み合わせが良くなかったこともあり、勝ち星に恵まれなかった。好投しても援護がなかったり、味方が点を取った直後のイニングに失点したりと、どうもファンをイライラさせた。トレード相手の押本健彦、川島慶三がかつてGMだった高田繁監督の下で見違えるような活躍をしたこともあってファイターズファンから向けられる視線が厳しくなるという不運もあった。

しかし、それもシーズン当初から夏場までの話。敗戦処理。は藤井は変わったと見ている。レギュラーシーズンではライオンズ戦の登板が一度もない藤井だが、そんなことは関係無く、この大一番に藤井に頼ることを勧めたい。

ところで藤井秀悟という男は何ともお騒がせなキャラクターだ。

かつてスワローズ時代、ジャイアンツ戦に登板した時に大量リードの最終回に打席に立ち、真面目に打って一塁まで全力で走ったら番長清原和博らにに恫喝され、びびって涙してその後の投球の調子を崩したり、日本で行われたサッカーのワールドカップの試合を観戦して風邪を引いてローテーションに穴を空けたり、奥さんと別れたり、大学の後輩にあたるハンカチ王子と食事をしている写真を自分のブログに掲載して顰蹙を買ったり、元TBSのフリーアナウンサー渡辺真理との交際がばれたり、破局もばれたり…。かと思えば自分の好投でクライマックスシリーズ第2ステージ進出を決めておきながらさっさとチームを離れ空路東京へ。古巣スワローズで現役引退を決めた真中満らを労いに行くナイスガイ!

かつて原辰徳がジャイアンツの監督に就任した一年目。クローザーを誰に託そうか考え、指名したのは河原純一。いろんな意味で修羅場をくぐり抜けていて度胸が座っているからというのがその理由と報じられたことがあるが、藤井も負けず劣らず波瀾万丈だ。

そして、敗戦処理。が藤井は変わったと断言する決定的データがある。

藤井秀悟がかつて交際していたとされる元TBSアナウンサーの渡辺真理は今年結婚した。渡辺真理がビートたけしを伴ってマスコミに結婚報告をしたのが9月4日。その二日後、藤井は6日のゴールデンイーグルス戦に先発して7イニングを無失点に抑え勝利投手になっている。その後、藤井は18日に再びゴールデンイーグルス戦に先発。六回裏途中でKOされて敗戦投手という結果だったが五回までは無失点で六回裏に崩れて逆転されたというもの。先発投手として試合を作ってはいる。さらに28日にはマリーンズ戦に今季公式戦最終登板。先発して7イニングを無失点に抑える。そして極めつけはクライマックスシリーズ第1ステージの第二戦。6回0/3を投げて1失点で勝利投手。チームの第2ステージ進出に大きく貢献した。

藤井の今季の登板成績を渡辺真理の結婚報告の前後で分けるとこうなる。

報告前 16試合2勝7敗 防御率3.66

報告後 4試合2勝1敗 防御率1.40

(報告後の成績にはクライマックスシリーズを含む)

登板数が異なるとはいえ、違いは明白だ。吹っ切れた男は強い。梨田監督、もう後がないこの状況を託せるのはグリンより藤井秀悟でしょう。このデータを信じるか信じないかはアナタ次第です。

でも昨年のクライマックスシリーズもシーズン中絶不調のフェルナンド・セギノールが最後に決めてくれたから、グリンも…。

P.S.

 

 

|

« あぶさん は引退するのかしないのか!? | トップページ | ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。 »

コメント

Mさん様、コメントをありがとうございました。

> 結局一年間怪我に泣きました。
ひちょりも信二も四球に泣きましたよね。
お互い様だし仕方ないのですけど。

層が薄いチームなので怪我人が出たり、五輪で主力が抜けるともうダメです<苦笑>。

ちなみに昨年のパ・リーグで相手打者に最も多く死球をぶつけた投手はウチのダルビッシュでした。今年も渡辺俊介に次いで第二位です。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 00時28分

>お名前を変えていますがいつもお世話になっている方ですよね<笑>。

ご明察!ってあたりまえですね。
藤井ってCS1で右手首骨折だったそうですね。他の板を見ていたら出ていました。
結局一年間怪我に泣きました。
ひちょりも信二も四球に泣きましたよね。
お互い様だし仕方ないのですけど。

投稿: Mさん | 2008年10月23日 (木) 23時27分

Mさん様、コメントをありがとうございました。

お名前を変えていますがいつもお世話になっている方ですよね<笑>。

> 藤井はなんでライオンズ戦に投げないのですか?

うーん、おそらく首脳陣の食わず嫌いもあるのでしょうが、あれだけ右の好打者、強打者を並べられるとたしかに左投手をぶつけづらい気はしますよね。新人王を取った年の八木智哉でもライオンズには通用しなかったですからね。

勝利投手になった武田勝だって5回しかもたなかったですし。

> グリン1~2イニングでそのあと藤井が事実上先発なんてせこい戦法かなあ。
または5・6戦ダルビッシュ中継ぎ登板で先発グリンと藤井、成功したら梨田名監督になりますね。

今日の藤井リリーフも個人的には疑問でした。総動員とか総力戦とか言うと聞こえが良いですが、普段先発しかやっていない人に急に、それもいつもよりプレッシャーのかかる場面でリリーフをやれなんて言ったってうまく行かないと思いますよ。ましてやダルビッシュの中継ぎ待機なんて論外。

結局ライオンズの方が力が上だったのですよ。

ダルビッシュと稲葉-特定の選手に依存度が高すぎるチームの限界を見た感じですね。先発投手の順番を変えていたって結果は変わらなかったでしょう。

> 吹っ切れた藤井に期待したい一人です!

私もそうだったのですが、梨田監督は忙しくてこのblogに目を通す時間がなかったのでしょうね。

C☆Bはきっと読んでくれていると思いますが。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月23日 (木) 00時43分

こんばんは。
藤井はなんでライオンズ戦に投げないのですか?何か弱みでも握られているのでしょうか。それともそんな契約があるのでしょうか?いずれにしても投球間隔が空いて心配なんですよ。どうせ二つも負けゲームがあったのだから調整登板の一つもあればいいのに。あしたの秘密兵器と思っていたけどそうではないみたいだし。
グリン1~2イニングでそのあと藤井が事実上先発なんてせこい戦法かなあ。
または5・6戦ダルビッシュ中継ぎ登板で先発グリンと藤井、成功したら梨田名監督になりますね。
吹っ切れた藤井に期待したい一人です!

投稿: Mさん | 2008年10月21日 (火) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/24658453

この記事へのトラックバック一覧です: もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか?:

« あぶさん は引退するのかしないのか!? | トップページ | ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。 »