« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »

2008年10月22日 (水)

ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。

ライオンズファンの皆様、日本シリーズ進出決定、おめでとうございます。

悔しいけど、今年のライオンズは本当に強かったですね。脱帽でした。

だから藤井秀悟に先発させておけば良かったんだ!-なんて今さら言っても遅いので言いませんが(>言っているだろう!)、結局レギュラーシーズンの成績の差のまんまでしたね。でも対戦成績の割りには頑張ったかな。

とにかく2008年のファイターズの闘いは終わりました。

負け試合が一方的すぎるとか、言いだしたらきりがないので、やめておきましょう。

敗戦処理。的にはクライマックスシリーズ云々を別にしても、年間で勝率五割以上、順位がAクラスをノルマとしているので今シーズンのファイターズは及第点だと思っています。

ただ、その成績を紐解くとパ・リーグ同士の対戦でカード別で勝ち越したのはホークス戦だけ。あとはマリーンズ戦が五分で他は三球団に負け越しています。そしてセ・リーグ相手の交流戦で得た貯金で何とかAクラスを確保した形でした。このアンバランスさは来シーズンには解消されなければならないでしょう。

昨年ファイターズがリーグ優勝した時に「あの戦力でよく優勝出来たものだ」と言われました。たしかに、その前の年の2006年の日本一、アジアチャンピオンまで登り詰めた年に比べて小笠原道大、SHINJO、岡島秀樹が抜けたチームは明らかに弱体化していました。それでも何とかリーグ優勝出来、クライマックスシリーズも突破できたのはトレイ・ヒルマン前監督の手腕が大きかったのは言うまでもないでしょう。ただ残念なことにその名監督が抜けた今年、レギュラーシーズンは三位に終わりました。

敗戦処理。はこれが2006年と比べて小笠原、SHINJO、岡島の抜けたチームの真の実力だと思っています。梨田昌孝監督の采配、選手起用にファイターズファンからも多くの疑問の声が挙がっているのは知っています。まぁしかし、よい点も悪い点も合わせて結局今のチーム力がその通りに順位に反映したのだと思っています。

梨田監督が旧バファローズを率いていた時代に「いてまえ打線」と呼ばれた猛打のチームカラーだったことからファイターズが打力のチームに変身するだろうと楽観視していたファンとか、逆にファイターズを「いてまえ打線」感覚で采配しているから勝てないのだ!等という見当違いも甚だしい批判も見受けました。

前の年に比べて成績が下がっているのは確かですから、ファンが苛立ち始めるのはわかりますが当を得ない批判が少なくなかったのも事実でしょう。

まず素人目に見ても、今のファイターズで「いてまえ打線」のような攻撃型の野球が出来ないことはわかります。捕手出身の梨田監督はこのチームなら自分の目指す野球にチャレンジ出来るかもしれないと考えて監督就任要請を受けたのではないかと敗戦処理。は思っています。

二年連続リーグ優勝の監督の後、ましてやヒルマン前監督はチームが北海道に来た時からの監督です。北海道のファンにとってヒルマン前監督は初代かつ唯一の「監督」なのです。その直後を受けるなんて、普通に考えたら損です。勝って当たり前。二位でも前年より低下でファンから叩かれかねないのです。普通はこういう時は内部昇格が真っ先に検討されるのでしょうが片腕の白井一幸ヘッドコーチに逃げられてしまった…。

ただ、梨田監督が擁護されるのも就任一年目の今年だけでしょう。来シーズンは完全に結果で判断されるでしょう。フロントの考え方にもよりますが、課題は明らかです。短期的、長期的課題にどれだけ手を打てるかにもよりますが今年と同じような野球をし、今年と同じような成績ならファンは冷めてしまうでしょう。東京の頃のファイターズとは違うのです。北海道に行って五年間で四回もプレーオフに進出しているチームです。

このチームがこれからも長く、北海道のファンを中心に愛される球団として定着できるかは来シーズンにかかっている様に思っています。

選手、監督・コーチ、裏方さんやスタッフの皆さん、半年間、夢を見せてくれてありがとうございました。

blogを読んで下さっているファイターズファンの皆様、お疲れ様でした。

そして最後にもう一度。

ライオンズファンの皆様、おめでとうございます。

|

« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »

コメント

トゥザフネ様、コメントをありがとうございました。

コメントをいただくのはジョーンズの時以来ですかね?

> 個人的には梨田監督は『そのチームの実力を100パーセント引き出すことの出来る監督』だと思います。
逆に言えば『100パーセント以上の力を引き出すことの出来ない監督』ともいえますが。

なるほど。そういう見方もあるのですね。

ジャイアンツの堀内前監督などは60%くらいしか出せませんでしたからね。それを考えると立派ですね。

> しかしそれも諸刃の剣で、コリンズ監督のパターン(あの人も100パーセント以上を引き出せる監督だったと思います)のように、そういうタイプの人は破綻する恐れがあるのも事実。

コリンズ監督とブラウン監督の違いがよくわかりません<苦笑>。かたやベースを投げ、かたやサジを投げてしまった。似たような感じだと思いますが<笑>。

> 来年が勝負と敗戦処理さんは仰いますが、私は来年もこれくらいの成績ではなかろうかと感じています。

選手は一年経てば一歳年をとります。だから来年もこのくらいの成績を残すのは容易でない様に思います。実際に今季後半は武田久に金属疲労が観られました。だから真価を問われるのは来年なのです、と敗戦処理。は思いました。

> よっぽど育成がうまくいって、中田や陽などが大爆発を起こしたりすれば、またハナシは別だと思いますが・・・。

その意味でも打撃コーチをどうするのかと思いましたが、何かお茶を濁したかのような人選でちょっとガッカリしています。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 00時49分

ナターシャ様、コメントをありがとうございました。

> 結果論ですが藤井先発で使って欲しかった。。。
グリンはやっぱりメンタル面が不安定すぎますよね。
大崩れした後じゃ遅過ぎるし。
藤井打たれたかもしれないけど粘りを見せられたと思う。
クライマックスの1戦目で良かったし、ライオンズ戦で投げさせてなかったのならなお更使ってみるという発想あっても良かったのにね。

藤井がライオンズ戦で先発しないのは「食わず嫌い」ということなのでしょうか?

ただそれならば、最終戦のようにリリーフで使うのはなおのことナンセンスです。

レギュラーシーズンで対戦していない相手に慣れていないリリーフ登板でしかも走者を背負った場面。

結果を出せと言うのが無茶だったような気がします。

> 昨日大負けしているのにひちょりと鶴岡がベンチで笑って会話。
君たちノー天気だねと思いましたが、選手は精一杯やっってる訳だから暗くなってもしょうがないですしね。
ファイターズのそういうところが好きなんですよ。

そんなシーンがあったのですか?

北海道のファンがこの敗北をどう受け止めるか興味があります。

東京での長い低迷期を知っている敗戦処理。にとっては五年間で四回Aクラスというのはそれだけでも快挙なのですが、その五年間で四回Aクラスしか味わっていない北海道のファンの方が冷めてしまうのではと危惧します。そのためにも来季は重要ですね。

* 鎌ヶ谷のファンに中田翔に対して寛容な心の持ち主が多いのは、稀哲や賢介もかなり酷かったのを観ているからでしょう<苦笑>。

> また、来年に期待します。

来シーズンも一緒にファイターズを応援しましょう。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 00時22分

こんにちは、いつも読ませていただいています。梨田監督の分析、非常に共感する事が出来ました。

個人的には梨田監督は『そのチームの実力を100パーセント引き出すことの出来る監督』だと思います。
逆に言えば『100パーセント以上の力を引き出すことの出来ない監督』ともいえますが。

ヒルマン監督やバレンタイン監督、落合監督、野村監督などは逆に100パーセント以上のものを引きだせる監督だと思います。
世間で言う『名将』とはそういう人の事を言うのだと思います。
しかしそれも諸刃の剣で、コリンズ監督のパターン(あの人も100パーセント以上を引き出せる監督だったと思います)のように、そういうタイプの人は破綻する恐れがあるのも事実。
バレンタイン政権も毎年まったく安定しませんし、初期のヒルマン政権もひどいもんでしたしね。

梨田監督はこのチームの実力を100パーセント出し切って、3位→2ndステージ敗退だったと思います。
来年が勝負と敗戦処理さんは仰いますが、私は来年もこれくらいの成績ではなかろうかと感じています。
よっぽど育成がうまくいって、中田や陽などが大爆発を起こしたりすれば、またハナシは別だと思いますが・・・。

投稿: トゥザフネ | 2008年10月25日 (土) 01時23分

敗戦処理さんこんにちは

結果論ですが藤井先発で使って欲しかった。。。
グリンはやっぱりメンタル面が不安定すぎますよね。
大崩れした後じゃ遅過ぎるし。
藤井打たれたかもしれないけど粘りを見せられたと思う。
クライマックスの1戦目で良かったし、ライオンズ戦で投げさせてなかったのならなお更使ってみるという発想あっても良かったのにね。

それにしても打てなさ過ぎでしたね。
涌井を楽にしてしまった事も関係あるんでしょうね。
だから先発が大事だったんでしょうが。。。ぶつぶつ。

昨日大負けしているのにひちょりと鶴岡がベンチで笑って会話。
君たちノー天気だねと思いましたが、選手は精一杯やっってる訳だから暗くなってもしょうがないですしね。
ファイターズのそういうところが好きなんですよ。

また、来年に期待します。

投稿: ナターシャ | 2008年10月23日 (木) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/24677699

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズ、日本シリーズ進出ならず…。:

» 完敗で終了!ダルビッシュにつなず… [おやきはクリーム(野球は日ハム&競馬は穴馬!)]
まさに完敗! CS2ndステージは日ハムが完封負けで終了した。 総力戦で明日のダルビッシュにつなぎたかったところだが、グリンがまたもや炎上。 このシリーズはいいとこ無しで終わってしまった。 まさにレギュラーシーズンの強い西武だったと思う。 なんとも言いがたいシリーズだったが、結局はけが人やらつらいシーズンだったのでしょう。 考えたらよくここまで来たって言うところなんでしょうね。 もう少し長く見たかったけど、これも仕方がないことでしょう。 日本シリーズは少し寂しいですね。 セリーグは巨人が初戦を落とし... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 19時14分

» 必然の敗戦。 [宇宙狼の空間@blog]
最初からキツイ事を書くけど、負けるべくして負けたというか。 『打たなければ勝てない』んですよ。いくらピッチャーが頑張ったとしてもね。この課題は去年以前からあったのに、それを解決できなかった。去年のシーズンも、打点・HR・打率がリーグ最下位なのに優勝でき...... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 22時29分

« もう後がない!!ファイターズは藤井秀悟を先発させるべきではないのか? | トップページ | 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? »