« 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? | トップページ | ライバル会社のトラブルは対岸の火事ではない… »

2008年10月25日 (土)

失ったものすべてを、奪回する-次は当然「日本一」の座!

Photo ジャイアンツがセ・リーグのクライマックスシリーズ第2ステージを制し、日本シリーズ進出を勝ち取った。昨年はリーグ優勝を奪回したが日本シリーズに出られなかった。今年は同じ轍を踏まず、111日から始まるライオンズ相手の日本シリーズに挑む!

(写真:今年も幻となってしまったクライマックスシリーズ第2ステージ第六戦のチケット)

ジャイアンツは2002年に原辰徳監督の下でリーグ優勝、日本一を達成してからその後2006年まで優勝出来なかった。四年間優勝から遠ざかると言うことはジャイアンツという球団にとっては初めての屈辱であった。この間、球団史上初めて二年連続Bクラスという屈辱も味わった。チームが危機になるとお家芸の政治力の出番。このオフ、この年のパ・リーグMVP、小笠原道大をFAで獲得するなどの補強に加え、セ・リーグがパと同様のプレーオフ制度を導入することにして両リーグがクライマックスシリーズとして足並みを揃えた。三位までに滑り込めば日本シリーズに出場する可能性が出るのである。パ・リーグがプレーオフを導入した時にはホークス潰しの制度と揶揄されたが、今度はジャイアンツ救済の制度と揶揄された。

そんななか、2007年「奪回」をテーマに掲げたジャイアンツはドラゴンズ、タイガースとの激しいペナントレースを制し、リーグ優勝「奪回」に成功したが皮肉にもクライマックスシリーズで日本シリーズ進出を阻まれた。

だから今年は公式戦で優勝し、クライマックスシリーズにも勝って日本シリーズも制して日本一を「奪回」しなければならない。

もちろん昨年と同じ轍を踏まぬよう、クライマックスシリーズ第2ステージに優勝チームにアドバンテージを付与する後方支援を忘れない。

タイガースに公式戦で独走を許し、クライマックスシリーズで一発逆転の日本シリーズ進出では「奪回」したことにはならない。歴史に残る大逆転優勝はマスト条件だったのである。

しかも今年のクライマックスシリーズ第2ステージの相手は因縁のドラゴンズ。

個人的にはドラゴンズにリベンジして欲しい背景がもう一つ重なる。

それは2006年。敗戦処理。はジャイアンツの本拠地最終戦を観戦するのを恒例としているが、この年の本拠地最終戦はよりによってドラゴンズのリーグ優勝がかかった試合になってしまった。ジャイアンツはBクラス。本拠地最終戦ということでジャイアンツも意地を見せ、劣勢の試合を同点にして延長戦にもつれこむが十二回表、ドラゴンズが1点を勝ち越した後、タイロン・ウッズが超特大の満塁本塁打。敗戦処理。はドラゴンズのリーグ優勝、落合博満監督の胴上げを肉眼で見るハメになってしまった。

だからこそ、だからこそその落合監督の前で原辰徳監督が胴上げされるシーンを見たくて、冒頭の画像のように第六戦のチケットを購入しておいたのだ。

* 落合監督の胴上げを再び見させられるリスクを負いながら。

ジャイアンツファンだけでなく、ジャイアンツナインにもドラゴンスープレックス、じゃなかったドラゴンズコンプレックスはあるようだ。「Jスポーツ」(TBS系)1020日放送分ではジャイアンツOB槙原寛己によるインタビューで上原浩治が自分だけでなく、チーム自体に「ドラゴンズはいや」という風潮があることを認めていた。テレビ中継でよく見かける、何が起きてもベンチにどかっと座っている落合監督の姿に底知れぬ不気味さを感じるジャイアンツファンも多いことだろう。

アドバンテージ制度がなかった昨年、ジャイアンツは常に劣勢の試合展開となり、第二戦、第三戦ではビハインドの状況なのに九回表の守りでクローザーの上原を原監督はつぎこんでいた。負けられない試合、負けたら終わりの試合だからリードされていようと最終回にはクローザーを注ぎ込む、そのこと自体はよくあることだが、敗戦処理。が腹立たしく思ったのは裏に打順が回るところに上原を入れたことだった。今年と同様、昨年のクライマックスシリーズでも引き分けは上位チームのジャイアンツに好都合なのだが、上原が九回表を抑えてもその裏に上原に代打を送らなければならない。一気に逆転サヨナラまで行ければ問題ないが同点止まりで延長戦に突入したらどうするのか?後先考えない玉砕采配を精神論で讃えるほど敗戦処理。は人間が出来ていない。

そんなこんなで敗戦処理。は昨年のクライマックスシリーズ第2ステージはドラゴンズの底力を讃えざるを得ないと認める半面、原監督による人的災害、ヒューマンエラーだと認識した。だからこそ、今年はタイガースではなく、ドラゴンズを倒して日本シリーズ進出を決めなければならないのである。

引き分けに終わった第三戦。1点のリードを守るべく最終回のマウンドに送ったマーク・クルーンが意固地なまでにストレートを続けた挙げ句に中村紀洋に死球を与え、同点の走者に俊足の代走英智が起用された時点で原監督はクルーンに見切りを付け、山口鉄也をマウンドに送った。ヘルメットには「GIANTS PRIDE」というシールを貼りながら選手のプライドを考慮しない原監督の采配には今でも疑問を持ち続けているが、さすがにこの大舞台では同じ失敗を繰り返す人間と心中出来まい。クルーンは第一戦でもバッテリーを組んだ實松一成と息が合っていないのが明らかだったから、あの原監督の決断はやむを得なかっただろう。ただその山口が同点に追いつかれ、引き分けでも勝ちに近い制度上引っ込みがつかず山口を3イニング、45球投げさせざるを得なかったのは誤算だったろうが。

なおかつ十二回表には第五戦先発候補の東野峻をも注ぎ込んだ。

今日の第四戦は、見方によっては無理をしなくても良い試合。

2対1で迎えた七回裏、ここまで97球を投じた先発高橋尚成に代打を送った。投球数的にはもう少し行けそうな気がするが、今の高橋尚にはここが限界で、勝利の方程式に突入する境目なのだろう。八回表のドラゴンズ打線がイ・ビョンギュ、森野将彦と左打者二枚と当たる打順なため敢えて山口を投入した。案の定、山口は二人の左打者に安打を許してピンチを拡げ、T.ウッズの場面で越智大祐を投入して同点に追いつかれた。原監督は、この大一番でもやっぱり原監督だ。

ところがその裏、落合監督は前の回に投げたサウスポー高橋聡文を続投させる。寺内崇幸、アレックス・ラミレスと右打者が続くにもかかわらず浅尾拓也を投入しない。昨日の第三戦で同点に追いついた後の九回裏、十回裏の2イニング、打者6人をパーフェクトに抑えた浅尾の出番だと思ったが。31球を投じての連投をためらったのだろうか?ドラゴンズは負けたら終わりの試合なのに。

敢えて無理をしない、という選択肢も考えられる原監督が無理をし、無理をしてでも今日を勝たないと明日がない落合監督が無理をしない。この八回表と八回裏の攻防は良くも悪くも理解に苦しむ継投の連続だった。

ジャイアンツは高橋から寺内の二塁打でチャンスを作り、ラミレスは初球の甘い球を見逃さなかった。敗戦処理。はテレビを見ていて思わずその場で飛び上がってしまったが、この2点だけならまだ一抹の不安が残った。何故ならクルーン投入が予想される九回表の先頭打者は他ならぬ中村紀だからだ。ところが高橋の続投、さらには長峰昌司、小林正人と、とことん左投手を注ぎ込む継投の間にさらに2点を加え、6対2と安全圏に突入した。

同じ失敗を繰り返した第三戦のクルーンを許さなかった原監督は同じ局面を迎える第四戦でクルーンにリベンジの機会を提供した。クルーンと鶴岡一成のバッテリーは変化球で中村紀を三振に仕留めた。原監督を少し見直した。

失ったものすべてを、奪回する。-そのためには日本シリーズ制覇を以て完結する。

11月まで贔屓チームの真剣勝負の場に関われるのは一握りの野球ファンの特権だ。幸いにも敗戦処理。は三年連続で日本シリーズに一喜一憂する幸運に恵まれることになった。

 

 

しかし、ジャイアンツとファイターズによる日本シリーズ再現の夢は今年も実らなかった。ファイターズの仇をジャイアンツに託す。11月1日が待ち遠しい。

|

« 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? | トップページ | ライバル会社のトラブルは対岸の火事ではない… »

コメント

長緯様、コメントをありがとうございました。

> ホークスの連続敗退を踏まえ、2006シーズンにまずパのプレーオフにアドバンテージを採用したわけですが、そもそもアドバンテージ制とはなんぞや?という気もします。

2004年にパ・リーグがプレーオフを導入した時からアドバンテージはありました。

第2ステージで、レギュラーシーズン1位のチームと、第1ステージを勝ち上がってきたチームとの間に5ゲーム差以上ついていた場合に1位チームに1勝のアドバンテージを付与するというものでした。

2004年、2005年ともパ・リーグのレギュラーシーズン1位はホークスでしたが、2位に4.5ゲーム差で、しかも二年間とも第1ステージは2位のチームが勝ち上がったので結果としてアドバンテージがつかなかっただけです。

> はっきり調べてないので間違っていたらご指摘願いたいのですが、メジャーのプレーオフには勝ち数のアドバンテージはないし、他のメジャースポーツでも聞いたことがありません。

他のスポーツはわかりませんがMLBのプレーオフは球団をリーグや地区で分けてそのトップ同士(含むワイルドカード)で対戦するわけですから、そもそもアドバンテージの必要というか、発想がありません。NPBは球団数が少ないので敗者復活戦をプレーオフとして行っているわけで、それゆえに長丁場のレギュラーシーズンを制したことに対してアドバンテージの付与が検討されるのでしょう。

> ともあれ、移動もあって難しいのでしょうが、下位チームの相手球場でも何試合か組めるようにした方が良いと思います。

それも含めて上位球団のアドバンテージなのでしょうね。

全試合、上位チームのホームゲームだからといって、わざと負けて(あるいは手を抜いて)試合数を増やして収入を増やそうなどと思う球団はないでしょう。

ジャイアンツにしても、そういう発想であれば2002年の日本シリーズの様に4連勝で終わらせはしないでしょう。

* 個人的にはクライマックスシリーズ第6戦のチケットを持っていたので、最後までもつれてもらっても大歓迎だったのですが<笑>。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月28日 (火) 01時08分

どもです。

ホークスの連続敗退を踏まえ、2006シーズンにまずパのプレーオフにアドバンテージを採用したわけですが、そもそもアドバンテージ制とはなんぞや?という気もします。

はっきり調べてないので間違っていたらご指摘願いたいのですが、メジャーのプレーオフには勝ち数のアドバンテージはないし、他のメジャースポーツでも聞いたことがありません。

また、今の制度ですと興業面も上位球団の丸儲けとなるわけで、昨夜などジャイアンツにとっては負けた方が(次の試合もできるので)儲かるはずだったのでは?
ひょっとしたら、そんなわけで手を抜いた試合を見せられるかと危惧しました・・・さすがにそこまでは讀賣はセコくなかったようですが・・・

ともあれ、移動もあって難しいのでしょうが、下位チームの相手球場でも何試合か組めるようにした方が良いと思います。

投稿: 長緯 | 2008年10月27日 (月) 00時28分

長緯様、コメントをありがとうございました。

> こんにちは。
昨夜はおかげさまで東京ドームで歓喜の瞬間を目撃することができました。

羨ましい限りです。

自分はジャイアンツが目の前で相手に優勝を決められて相手球団が優勝胴上げを売るのを二度も観たことがあるのですが、まだジャイアンツが優勝を決めて監督が胴上げされるのを観たことがないのですよ。

* 日本シリーズのチケットもたぶん取れないだろうし…。

> 一概にジャイアンツ云々といったことではないかと思います(敗戦処理さんがいろいろ皮肉をこめて遠まわしに述べられているのは承知してますが)。

でも、昨年ジャイアンツが三タテを食らったら、決めた時には「アドバンテージ制度は試合数を減らすことになるからもったいない」と言っていた清武球団代表が「アドバンテージをつけよう」と方向変換しましたよ<苦笑>。

で、前言と矛盾しない様に3勝勝ち抜けを4勝勝ち抜けにしたのですよ、きっと<苦笑>。

> そしてその1勝のアドバンテージ制度が続けば、今後数年も1位チームだけが勝ち残るという状況が続くことも予想されます。そうなると「なぜCSなんてやるのか」という話も再燃しそうです。

その意味でも今年はファイターズに3位から日本シリーズ進出を期待したのですがダメでしたね。両リーグとも注視しましたが、アドバンテージの壁は大きかったですね。

とにもかくにも、今週末にはもう日本シリーズ。

ワクワクしますね。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 23時17分

ナターシャ様、コメントをありがとうございました。

> 敗戦処理さん、ジャイアンツ日本シリーズ進出おめでとうございます。

ありがとうございます。本当に嬉しいです。

> 相手がライオンズで、ある意味応援しやすいのでは?

確かに。ある意味一つのことに集中できますからね<苦笑>。

ファイターズはレギュラーシーズンもクライマックスシリーズもライオンズにやられっぱなしでしたから、個人的にはジャイアンツにそのウサを晴らして欲しいです。

昨年は逆で、ダルビッシュが第一戦でタイロン・ウッズ相手にストレートの快速球できりきり舞いをさせるところをテレビで観て溜飲を下げました。

> こちらはファン感謝祭の話題等が出ています。
札幌の人は切り替え早いし優しい人が多いのでファイターズをまだまだ応援していきますよ!

そうか。ドラフトと、その話題くらいですかね、さし当たっては。

鎌ヶ谷のファン感もやるのかな? 昨年は一説によると予算オーバーで出来なかったそうですが。

今年の1月に鎌ヶ谷の責任者が「2ヶ月に1回、奇数月にファンの皆様が参加できる様なイベントを開催します」と明言していたから、何かやるでしょうね。

ただ鎌ヶ谷のファン感も、年々選手とファンの間に距離感が出来ているとの声がチラホラと…。

地域に浸透して、注目する人が増えてくると、それはそれで難しいのでしょうね。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 23時08分

こんにちは。
昨夜はおかげさまで東京ドームで歓喜の瞬間を目撃することができました。

>パ・リーグがプレーオフを導入した時にはホークス潰しの制度と揶揄されたが、今度はジャイアンツ救済の制度と揶揄された。

CSに関してはパ・リーグ側が先駆者的な気概を持ってる気がします。以前、パシフィックがまずプレーオフを採用した際には、セントラルは関係者もファンも「プレーオフなんてやる必要あるのか」といった懐疑的な雰囲気でしたが、例の木元の一発により「ぜひやろう」という雰囲気に球界全体やファンが方向転換してしまった(くどい・・・)わけで、一概にジャイアンツ云々といったことではないかと思います(敗戦処理さんがいろいろ皮肉をこめて遠まわしに述べられているのは承知してますが)。

さて今年はライオンズ-ジャイアンツというパセ両リーグ1位同士が勝ち上がりましたが、今後も「1勝」や「1つ目の引き分け=1位チームにとっては勝利同然」といったアドバンテージがある限り、2位以下のチームがCSを突破するのは難しい気がします。

そしてその1勝のアドバンテージ制度が続けば、今後数年も1位チームだけが勝ち残るという状況が続くことも予想されます。そうなると「なぜCSなんてやるのか」という話も再燃しそうです。
また1位チームには「アドバンテージまでつけてもらって敗退したら恥ずかしい」という気持ちがあると思いますが、野球にそんなグランド外の「心理面での圧迫」を持ち込むのもどうかなという気もします(小生ジャイアンツファンの立場から申し上げれば、昨年のCSの負けは若干仕方ないという割り切りもできましたが、アドバンテージがついた今年また負けたら本当に情けないな、とちょっと重い雰囲気を感じました)。

しかしながら現実問題として、イベントの増加はプロ野球の注目度を増すという意味でCSは必要でしょうし、また今年は8月末の段階でもまだ(失礼ながら)横浜を除く11球団に日本シリーズ進出のチャンスがあったわけで、各球団のファンも明確な目標があり、それぞれ楽しめたと思います。したがって、CSをなくすという方向にはなり難いでしょう。

「日本版ポストシーズン」のあり方をどうするのか?
今後も課題として残っていきそうですね。

投稿: 長緯 | 2008年10月26日 (日) 22時50分

敗戦処理さん、ジャイアンツ日本シリーズ進出おめでとうございます。

相手がライオンズで、ある意味応援しやすいのでは?
それでもファイターズとジャイアンツの日本シリーズ1度は実現して欲しいですね。

金子選手がパリーグ3連覇したら札駅からドームまでパレードしたいと言っていましたが叶わなかったです。

こちらはファン感謝祭の話題等が出ています。
札幌の人は切り替え早いし優しい人が多いのでファイターズをまだまだ応援していきますよ!

投稿: ナターシャ | 2008年10月26日 (日) 09時41分

江府一条様、コメントをありがとうございました。

> 敗戦処理。さん、おめでとうございます。

ありがとうございます。嬉しいです。

> 来年こそは東京ドームで対戦を!という願望がむなしいですが・・・(笑)

だから、今年は「東京でファイターズの日本シリーズが見られるかもしれませんよ」と言ったのですよ。

今年のクライマックスシリーズはアドバンテージが絶妙でしたね。パ・リーグも、セ・リーグもどちらを観ても感じました。

ファイターズが第1ステージでバファローズを下した時にバファローズ応援団席から

「西武を倒せ、ファイターズ!」

の大合唱がありましたよね。ジャイアンツがそのリベンジを果たしたいと思っています。

今シーズンは本当にお世話になりましたね。ありがとうございました。

投稿: 敗戦処理。 | 2008年10月26日 (日) 00時57分

敗戦処理。さん、おめでとうございます。
来年こそは東京ドームで対戦を!という願望がむなしいですが・・・(笑)

投稿: 江府一条 | 2008年10月25日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/24742727

この記事へのトラックバック一覧です: 失ったものすべてを、奪回する-次は当然「日本一」の座!:

» 原ジャイアンツ日本シリーズへ [*シール堂公認* 楽勝!?シール堂印刷の社長ブログ]
昨日は夜更かししたせいで眠いんですけど… 巨人戦テレビ観戦中~#63723; まずは 人気の社長blogランキングは→ここ←で確認 まさに朝まで#63895;テレビ見ていたから 今朝のウォーキングは日曜日へ延期しました#63898; http://mop-upguy.cocolog-nifty.com/..... [続きを読む]

受信: 2008年10月27日 (月) 14時50分

« 王顧問とうとう危機-星野仙一氏固辞でWBC監督がいない!? | トップページ | ライバル会社のトラブルは対岸の火事ではない… »