« 野球協約改定で来年元日からパセ両リーグとコミッショナー事務局の3事務局が統合。-で敗戦処理。からNPBへのお願い | トップページ | 日本一ライオンズののびのび野球、寛容力を手放しで賞賛して良いものだろうか? »

2008年12月10日 (水)

ファイターズから戦力外通告を受けた選手達の再就職が続々決まる!

ファイターズが今シーズン限りで戦力外通告した選手を発表したのが10月2日。その顔ぶれは歌藤達夫、中村泰広、金沢健人、内山雄介、小山桂司、駒居鉄平の6人。ブルペン捕手に転身する駒居以外の5人のうち、内山以外の4選手は来季、他球団のユニフォームを着ることが決まった。また、2007年のリーグ優勝に多大な貢献をしたライアン・グリンも自由契約として公示されたが、バファローズが獲得を検討しているという。ファイターズが戦力外と判断した選手を他球団が続々と獲得していく。これは喜ぶべきことなのか、フロントの見る目を疑うべきなのか…?

戦力外通告から約二ヶ月。その間、二度のトライアウトがあり、そして12月2日には実際に自由契約が公示された。ファイターズから戦力外通告を受けた選手で他球団への移籍が決まった選手と移籍先は以下の通り。

歌藤達夫→ジャイアンツ

中村泰広→タイガース(育成選手契約)

金澤健人→バファローズ

小山桂司→ドラゴンズ

なかでもドラゴンズ入団が決まった小山は来シーズン、今シーズンのファイターズ時代より年俸がアップするらしい。

引き続き現役を続けたいと思っている選手が他球団でプレー出来るのは嬉しいものだ。ぜひとも一花咲かせてもらいたい。しかしファイターズが戦力外通告をした選手にこうまで揃って他球団から声がかかると複雑な心境である。

ファイターズでは不要な選手に他球団から声がかかると言うことはそれだけファイターズのレベルが高くなったというような解釈も成り立つが<苦笑>、戦力分析をするフロントに見る目がないのかもしれないという見方もまた成り立つからだ。

今シーズンでもトレードでファイターズを離れた押本健彦や川島慶三は見違える活躍をしたし、シーズン途中からゴールデンイーグルスに所属したフェルナンド・セギノールも大暴れした。グリンも…。

それに考えてみると、金澤は正田樹を放出して獲得した選手だし、中村は元エース金村曉を放出して獲得した選手。歌藤も清水章夫と木元邦之を出して萩原淳とともに獲得した選手。トレードが下手なチームですね。歌藤や中村が期待通りに働かず、左のリリーバーがいないと嘆く一方で清水は今年バファローズで34試合も投げて4勝しています。ウチは左のリリーフ投手の勝ち星は宮西尚生の2勝がすべてでしたからね。

そうはいっても、ファイターズから戦力外通告を受けて出ることになって、新しいチームに行く選手にエールを送りましょう!

金澤は今シーズン、イースタンの開幕投手に選ばれ、勝利投手という好スタートを切りました。ファーム一番のスペシャルデイ、「鎌スタ☆祭」の日にも先発して勝利投手と、イースタン・リーグ最下位を独走したチームにあって最多の6勝を挙げました。特に村山太朗審判員との相性は抜群で、同審判員が球審を務めた試合ではテンポ良く好投する試合が目立ちました。惜しむらくは村山審判員がセ・リーグ所属であること。セ・リーグのチームに拾われていれば…。

歌藤は旧ブルーウェーブ最終年の自由獲得枠入団で一年目にいきなり57試合に登板したショートリリーフ一筋のサウスポーなのですが、ルーキーイヤーの57試合登板が自己最多で以後361311と年々減少。今シーズンは14試合とやや持ち直しましたが…。行き先がジャイアンツというのも注目ですね。FAで大物を一本釣りというイメージがあるジャイアンツですが、ここ数年他球団で戦力外通告を受けた選手をまめに獲得しています。2004年オフの西山秀二に始まって、大西崇之、大道典嘉、藤田宗一と毎年一人ずつ獲得していますね。特にここ二年の大道と藤田は見事に戦力化しています。もっとも今列挙した選手は旧所属球団で一世を風靡した選手。西山や藤田はコーチ就任の要請を蹴って現役続行を志望していた口。歌藤と同列には論じられないような気も…。

小山は以前に市川卓とともに門限破りをしてお咎めを受けたことがありましたね。二人でカラオケに熱中したあまりに…。今年も中田翔を合コンに引っ張り出してその様子を写真週刊誌に撮られたなんてのがありましたから素行で引っかかったのですかね。カラオケと言えば、小山は社会人のシダックス出身なのでクーポン券か何か持っているのかななんて当時は想像しましたがシダックスと言えば野村克也監督の指導を受けているはずなのですね。でも入団してからはリードより打撃が買われていたような気も…。今シーズンも途中から三塁で守備練習を受けるのが目立つようになっていました。今月38歳になる谷繁元信の後継者争いに加われるか楽しみですね。

中村に関してはタイガースファンの知人のH氏が「お買い得ですよ」とオススメだったので期待していたのですが。結局一度も一軍には上がれませんでしたね。金村もタイガースで期待を裏切りましたが、いったいこのトレードは何だったのですかね。良くタイガースが(育成選手契約とはいえ)再契約してくれました。

ちなみに内山は選手生活を断念し、一般企業に就職予定だという。わずか二年のプロ生活だった。

みんな頑張って欲しいですね。そして入ってくる二岡智宏と林昌範にも!!

|

« 野球協約改定で来年元日からパセ両リーグとコミッショナー事務局の3事務局が統合。-で敗戦処理。からNPBへのお願い | トップページ | 日本一ライオンズののびのび野球、寛容力を手放しで賞賛して良いものだろうか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/26072602

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズから戦力外通告を受けた選手達の再就職が続々決まる!:

« 野球協約改定で来年元日からパセ両リーグとコミッショナー事務局の3事務局が統合。-で敗戦処理。からNPBへのお願い | トップページ | 日本一ライオンズののびのび野球、寛容力を手放しで賞賛して良いものだろうか? »