« 一度落とした選手を再びエントリー。サムライジャパンは大丈夫なのか? | トップページ | タイガースが首位返り咲き、上位の顔ぶれ変わらず。日本一ライオンズは意外に低迷!?-2008年観客動員力調査 »

2009年1月24日 (土)

リニューアル甲子園球場に歴史館を設立するのなら…

Photo リニューアルする甲子園球場にタイガースや高校野球、アメリカンフットボールの甲子園ボウルなどの歴史を振り返る資料を展示する「甲子園歴史館(仮称)が設立され、外構整備を含めたすべての工事が終了する2010年3月中旬に開館することが21日、発表された。甲子園球場にはこれまでタイガースの歴史を振り返る「阪神タイガース史料館」があったが、リニューアルに伴い昨年7月に閉館していた。

それはそれで意義深いことだと感嘆いたしますが、さらに言わせてもらえば、

(写真:阪神タイガース史料館 2002年8月撮影)

タイガースと高校野球とともに歩んできた甲子園球場が、その両者の歩みを振り返る歴史館を設立するのはとても素晴らしいことだと思う。あって当然だと思う。しかし、東の東京ドームと並ぶ日本プロ野球のメッカである甲子園球場のステータスを考えれば、東京ドームにある野球体育博物館に相当する施設こそ甲子園にふさわしいのではないか。

野球体育博物館関西分館

野球殿堂入りした方の偉業を讃えるレリーフをこちらでも飾り、野球に関する様々な展示をする施設が東京だけでなく、日本で東京に次ぐ第二の大都市であり、球界でも東西の両雄的存在であることを考えれば、甲子園に関西版「野球体育博物館」があって然るべきではないか。

もちろん甲子園球場自体が球団の所有物であることを考えれば、自球団のPRにつながる史料館を併設することは決して不思議なことではない。その点ジャイアンツの所有物ではない東京ドームにジャイアンツ史料館が無くて野球体育博物館があるのも極めて自然である。しかしそこから一歩先まで踏み込んで甲子園球場には一タイガース球団の歴史だけでなく、日本の野球界全体の歴史と伝統を背負う存在であって欲しいと考えているのである。

余談だが敗戦処理。はKOSHIEN NAMING BRICK MEMBERS に登録を申し込み、先頃登録完了の案内をもらった。2010年3月のリニューアル完了時から201911月末日まで10シーズンの間、甲子園球場外周の床面に名前を刻印したレンガが敷設することになった。実は東京ドームのある部分にも敗戦処理。の名前は既に刻まれており、東西の野球のメッカ双方に名前を刻まれることになる。一野球ファンの自己満足に過ぎない割りにはいささか高くついたが、野球選手でもないのに個人的には名誉なことだと勝手に悦に入っているのである。

|

« 一度落とした選手を再びエントリー。サムライジャパンは大丈夫なのか? | トップページ | タイガースが首位返り咲き、上位の顔ぶれ変わらず。日本一ライオンズは意外に低迷!?-2008年観客動員力調査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/27410012

この記事へのトラックバック一覧です: リニューアル甲子園球場に歴史館を設立するのなら…:

« 一度落とした選手を再びエントリー。サムライジャパンは大丈夫なのか? | トップページ | タイガースが首位返り咲き、上位の顔ぶれ変わらず。日本一ライオンズは意外に低迷!?-2008年観客動員力調査 »