« 大田泰示、ジャイアンツ球場デビュー戦を飾れず | トップページ | カーネル・サンダースの人形が見つかってもタイガースの呪いは解けない »

2009年3月10日 (火)

WBC第2ラウンドの試合方式はもう一工夫出来なかったのか?

WBC東京ラウンド(プールA)は1位決定戦で日本代表が韓国代表に敗れたため、日本代表は2位で通過という形になった。日本代表が進出する第2ラウンド、通称サンディエゴラウンド(プール1)では韓国代表とともにメキシコラウンド(プールB)の1位と2位のチームと再びダブルエルミネーション方式で対戦する。実際に東京ラウンドに接してみて、ようやくダブルエルミネーション方式を把握した敗戦処理。のようなファンも少なくないだろうが、この方式だとしても、もう一工夫出来なかったのかと今さらながら疑問に思えてきた。

 

 

 

第1ラウンドは出場16チームを地域ごとに4チームずつの四つのブロックに分けてそこで予選のような形で行い、それぞれの上位2チームが第2ラウンドに進出することになっている。そして四つのブロックの上位各2チーム、計8チームを再び4チームずつの二つのブロックに分け、同じ方式で対戦し、二つのブロックの上位2チームがセミファイナル(準決勝)に進む。そこから先はトーナメントだ。

敗戦処理。が問題にするのは第2ラウンドの組み分けだ。

日本代表が入っているプールAから第2ラウンドに進む2チームはともに第2ラウンドではプール1に属する。また、プールBから第2ラウンドに進む2チームも第2ラウンドではプール1に属する。そしてこの間、第1ラウンドでプールCまたはプールDに入っているチームとは一度も対戦しない。対戦するとしたらセミファイナル(準決勝)以降だ。そしてこの方式により、アメリカ合衆国代表はキューバ代表とセミファイナルまで当たらない。逆に日本代表と韓国代表のように同じプールの二強は決勝戦までに最多で5回同じ対戦を繰り返す可能性がある。

実はこの矛盾点は三年前の第1回WBCでも指摘されていた。第1ラウンドも第2ラウンドも4チームの総当たり制で上位2チームが先に進むという方式であったが、アメリカ合衆国代表とキューバ代表は決勝まで対戦しない組み合わせで組まれていた。

勝負の神様がアメリカの魂胆を見抜いていたのか、前回は日本代表、韓国代表と同じ組み合わせになった第2ラウンドでアメリカ合衆国代表は三試合で1勝2敗となり日本、メキシコと並ぶ同率2位になってしまい、大会規定により日本が3勝0敗の韓国とともにセミファイナルに進むことになったのだ。

何のことはない。対戦方式こそ目新しくしたものの世界最強と言われるキューバ(IBAFランキング世界1位!)との対戦を避けて有利に持ち込もうとしていることに変わりはない。敗戦処理。は三年前に アメリカの、アメリカによる、アメリカのための大会 と揶揄したが、第二回大会も根本的には何も変わっていないと言うことか。

日本代表も入る第2ラウンドのプール1はプールAの1位、2位。プールBの1位、2位によって構成されるが、これを例えばプールAの1位、プールBの2位、プールCの1位、プールDの2位の対戦とし、もう一方のプール2をプールAの2位、プールBの1位、プールCの2位、プールDの1位の対戦とすればよいだけのことである。この方が各進出チームの対戦相手のバリエーションも増え、興味がわくと思うのだがどうだろうか。

 

 

【参考】第2回WBC参加16チーム、プール分け

◎プールA

中国、日本、チャイニーズ・タイペイ、韓国

◎プールB

キューバ、南アフリカ、オーストラリア、メキシコ

◎プールC

カナダ、アメリカ合衆国、イタリア、ベネズエラ

◎プールD

ドミニカ共和国、オランダ、パナマ、プエルトリコ

※太字は第2ラウンド進出決定済。日本時間10日正午現在

 

 

最後に、やや気の早い意見かもしれないが今大会で今後日本代表がどのような成績で終わろうとも、2013年に開催予定の第三回WBCの開催地として日本は立候補して欲しいものだ。

 

2016年の夏季五輪の招致や、サッカーワールドカップの単独開催の動きなどが我が国の中で立ち上がっていることを考えると、現状では世界最大規模の野球イベントを日本で行おうというムーブメントが起きないようでは情けないし、アメリカ変調大会を是正する意味でもぜひ動いて欲しい。そしてその前提として、とりあえず今年も続行予定のアジアシリーズの安定継続運営にも尽力して欲しい。

|

« 大田泰示、ジャイアンツ球場デビュー戦を飾れず | トップページ | カーネル・サンダースの人形が見つかってもタイガースの呪いは解けない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/28561215

この記事へのトラックバック一覧です: WBC第2ラウンドの試合方式はもう一工夫出来なかったのか?:

« 大田泰示、ジャイアンツ球場デビュー戦を飾れず | トップページ | カーネル・サンダースの人形が見つかってもタイガースの呪いは解けない »