« 稲田直人の本塁打を観たかった…。 | トップページ | 四番打者集めの次はクローザー集め!? »

2009年11月29日 (日)

ファイターズが41歳の木田優夫を獲得

01 稲田直人の放出に驚いていたら、その翌日の26日、ファイターズがスワローズから戦力外通告を受けていた木田優夫を獲得した。

年齢が年齢だけにこの補強を疑問視する向きもあるようだが、敗戦処理。は個人的に木田獲得を歓迎する。

前日に発表されたシーレックスとの33のトレードに続き、木田の獲得。五十嵐信一新監督を迎える来季のファイターズのファームは確実に戦力アップする。三年ぶりのAクラス入りはもちろん、六年ぶりのイースタン・リーグ優勝も夢ではない!?

(写真:イースタンで力投する、スワローズ時代の木田優夫。2008年6月撮影)

というのはもちろんジョーク。個人的に木田という選手が大好きだからである。

好きな選手が所属球団から戦力外通告を受け、本人は現役続行を希望している。どこか獲得する球団は…と思っていたら、贔屓球団であるファイターズが獲得。だから歓迎なのだ。

稲田とは別の意味で驚いた。

近年のファイターズの編成、補強傾向から考えると、他球団から戦力外通告を受けたロートル選手を獲得するなど想像できなかったからだ。トライアウトの視察すら前向きでないという。

前年の12勝から5勝止まりにダウンしたブライアン・スウィーニーを解雇し、元タイガースのバディ・カーライルを獲得したものの藤井秀悟がFA権を行使したこともあって先発投手の頭数が足りない。背に腹を替えられない事情があるということなのだろうか?

冒頭の写真は2008年に木田がイースタンのジャイアンツ戦に登板した際に撮影したものだが、この時既に39歳。ファームに落ちて先発ローテーションで投げていた木田の登板試合にたまたま遭遇したのだが、正直「見納め」になるかもと覚悟してのショットだった。しかしこのファームでの先発ローテーション入りが奏効したのか、今季は開幕から一軍で先発ローテーションに加わった。先発での登板は三試合のみでその後は中継ぎに回ったが、計30試合に登板した。先発投手が6イニング投げ、松岡健一、押本健彦、五十嵐亮太といった中継ぎ陣でつなぎ、イム・チャンヨンで逃げ切る今季のスワローズの勝ちパターンからFA権取得の五十嵐の離脱が想定できるために木田の残留があるかもと敗戦処理。は勝手に考えていたが…。

木田は日大明誠高から1986年のドラフト会議で阿波野秀幸の外れ1位でジャイアンツに指名された。この時、入団の条件に土地を要求して一躍時の人となる<冗>。がブレイクしたのはジャイアンツ四年目の1990年。開幕第二戦でリリーフに立った木田は延長戦で自らサヨナラ本塁打を放ち、試合を決めた。この年、先発にリリーフに大車輪の活躍で32試合に登板、12勝8敗7S、規定投球回に達して防御率はリーグ3位の2.87。リーグ最多の182奪三振(1822/3イニング)を記録した。

その後も先発もリリーフもこなせる器用さで重宝されるほか、イラストの腕が買われて本拠地東京ドームのオーロラビジョンの「ファウルボールにご注意ください」の啓蒙イラストに採用されて話題になった。1998年、トレードでブルーウェーブ入り。春のジャイアンツとのオープン戦で登板した木田はマウンドに上がるなり右肘をマウンドの土に当てる、前年に桑田真澄が故障からの復帰登板の際に見せた感動のポーズをギャグに使い、実は桑田の復活劇がメディアで語られるほど神聖に扱われているのではないことをファンにさらしてしまった。そしてFA権を取得して1999年にはデトロイト・タイガース入り。侍の扮装での入団会見を開いて度肝を抜いた。翌2000年の途中にタイガースから戦力外通告を受けると帰国してブルーウェーブに復帰。2001年までプレーすると再び渡米。ドジャース、マリナーズと渡り歩いた後、2006年からスワローズでプレーしていた。

結局、投手として年間で二桁勝利を記録したのは先述の1990年の一度だけだが、ストレートとフォークを主体とした投球パターンでこの年齢まで現役を続けているだけでもあっぱれだが、今年は高岡早紀との密会写真を写真週刊誌に撮られるなど野球以外でも「現役」ぶりを謳歌している。(ちなみに二岡智宏と違って独身なのでバツ1の妖艶な女優とデートをしても後ろ指を指されることはない。)また、年に一度、クリスマスの時期に明石家さんまが司会する「明石家サンタの史上最大のクリスマスプレゼントショー」(フジテレビ系)への出演も恒例。サンタクロースに扮するなどで番組内で存在感を発揮している。今年は12月24日の深夜(12月25日午前0時35分)に放送予定なので是非ご覧いただきたい。

これだけ波瀾万丈な選手生活を過ごしているナイスガイの入団。年齢的な不安は否めないが、練習態度の真面目さも実は球界内部で高く評価されているらしい。もちろん一軍でバリバリ投げてほしいが、鎌ヶ谷で投げることになったらC☆Bとの絡みも期待できるし、画伯としての腕を生かしたファンサービスも期待できる。

今の時点では獲得に踏み切った球団に「あっぱれ!」と言いたいが、木田にも「あっぱれ!」と言われる活躍を期待したい。

|

« 稲田直人の本塁打を観たかった…。 | トップページ | 四番打者集めの次はクローザー集め!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/32413143

この記事へのトラックバック一覧です: ファイターズが41歳の木田優夫を獲得:

» 木田画伯、ファイターズ入団決定! [にわか日ハムファンのブログ]
なんですか、このネタ的にじわじわ来る補強。 [続きを読む]

受信: 2009年11月30日 (月) 06時54分

« 稲田直人の本塁打を観たかった…。 | トップページ | 四番打者集めの次はクローザー集め!? »