« 「超大物アスリートK」 | トップページ | 社会人野球、独立リーグ退団者を一年間受け入れず。 »

2009年12月25日 (金)

触れてはいけない話…

Dsc_0002 連日物騒な話で恐縮ですが…。

シーズン前から、シーズン終了後の監督の解任が発表される異例の事態だったマリーンズ。何かと不穏な一年ではあったがそれを象徴する↑のシーン、ご記憶の方も多いと思いますが…

9月26日、マリーンズ対バファローズ戦。初回先頭打者本塁打を放つなど勝利に貢献した西岡剛がヒーローインタビューで一通りの問答をした後、インタビュアーからマイクをもらい、ライトスタンドに球団フロント批判などの横断幕を掲げる行き過ぎた一部のファンに自粛を呼びかけた。冒頭の写真はその様子を報じた翌27日の日刊スポーツの紙面だ。

注目して欲しいのは西岡剛がファンの横断幕に異議を唱えたことではない。マイクを握る西岡の横に立っているマリーンズのマスコット、マーくん、リーンちゃん、ズーちゃんの姿だ。

実はこの9月26日。敗戦処理。は鴨川市営球場でイースタン・リーグ公式戦、マリーンズ対ジャイアンツ戦を生観戦した。その様子に関しては当blog9月26日付、どうなるイースタン優勝?マリーンズが鴨川でG倒。ジャイアンツと同率首位に。を参照していただきたい。マリーンズのマスコットのマーくん、リーンちゃん、ズーちゃんに加え、COOLまでマスコットが鴨川に勢揃いしていた。

 

Dsc_0125 彼らは試合前の球場入口前のステージでのパフォーマンスに始まり、試合途中にもグラウンドに頻繁に姿を現し、試合後には「マスコット記念撮影会」も企画されていて、参加するための整理券を求める列は長蛇の列になっていた。13時試合開始の鴨川市営球場の試合時間は2時間44分。14時試合開始の千葉マリンスタジアムのマリーンズ対バファローズの試合時間は2時間45分。だとすると西岡のヒーローインタビューは午後5時前後ということになる。

敗戦処理。は千葉県の道路事情に詳しくないがGoogleマップで調べると鴨川から幕張までは車で約2時間かかる。電車でもほぼ同じ時間がかかる。いったい彼らはどうやって移動したのだろうか?

以前週刊ヤングマガジン(講談社)に連載されていた「ストッパー毒島」(ハロルド作石作)という野球漫画があった。主人公毒島大広が所属する架空の球団京浜アスレチックスはパシフィック・リーグに所属し、アスレチックス以外は実在の球団名、実在の選手名が登場するのだが、アスレチックスの謎のマスコット、チックくん-狐をモチーフにしたマスコットだが、昨今の各球団のマスコットのようにアクロバティックな動きが出来るわけでなくファンの人気も低いが、野球の実技指導にたけていて、ついにはマスコットのまま投手コーチに任命される。だがその正体を探ることは球界のタブーとなっており、その核心にたどりついた記者はそのことを自社のデスクに伝えたところ、その場で解雇された。

敗戦処理。が先日、野球好き仲間との忘年会に参加した際にこの日の話をすると「あなたの言っていることはオカシイ!」「マーくん達は鴨川で記念撮影会を行った後に直ちに千葉マリンでヒーローインタビューを盛り上げていたんだ。何か問題があるか?」と言われた。

 

 

やはり触れてはいけない話なのか…。

|

« 「超大物アスリートK」 | トップページ | 社会人野球、独立リーグ退団者を一年間受け入れず。 »

コメント

HGK様、コメントをありがとうございました。

* ようやくハンドルネーム入りでコメントを下さいましたね。

> 単純に着ぐるみが複数あって、どちらかに球団職員かアルバイトが入っていたというだけでしょう。

そんな若菜、もといバカな!?

もしもそんな安直な手を使ったら、一挙手一投足の微妙な違いでファンはすぐ気がつきますよ。

ファームの方は地方で行われた試合という見方もあるでしょうが、マリーンズに逆転優勝の可能性が残されている試合で、普段ロッテ浦和や千葉マリンで観戦されている方が大挙している可能性もあります。目の肥えたファンの目をごまかせないでしょう。

「東京ねずみーらんどのミッキー鼠」の方は知りませんがやはりこれは、宇宙狼さんの分析が正解ではないかと<笑>。

投稿: 敗戦処理。 | 2009年12月27日 (日) 15時37分

宇宙狼様、お久しぶりです。コメントをありがとうございました。

> マーくん達は鴎だから、空飛んでマリンに到達したんですよ、きっと(笑)

その手がありましたか、気がつきませんでした。

> 我らのB☆B、カビーは熊だから、自分達単体では高速移動は不可能なのだと思います。

我がチームの場合はC☆Bは鎌ヶ谷限定なので、お兄さんが札幌ドームで、弟が鎌ヶ谷で同時にファンを楽しませることが可能ですが、マリーンズはまだそこまで考えていなかったのでしょうね。

噂されたファームの成田移転もどうやら立ち消えになったそうで、ファームの主催試合を「興行」にするにはこの試合のようにどこか他の球場で試合を主催するしかない訳で、滅多にないファームの「興行」が一軍の主催試合と重なってしまったためにマーくん達は「ダブルヘッダー」になってしまったのでしょうね。

* ジャイアンツも今季からファーム専用のマスコットを登場させましたがまだまだ浸透しているとは言い難いようで…。


P.S.
ところで宇宙狼さん、ここで業務連絡です。

11月30日にmailを送らせていただいております。

お読みになりましたら(このblog宛ではなく)私のmailアドレスまでご連絡下さい。

投稿: 敗戦処理。 | 2009年12月27日 (日) 15時25分

単純に着ぐるみが複数あって、どちらかに球団職員かアルバイトが入っていたというだけでしょう。
東京ねずみーらんどのミッキー鼠と同じ理論ですね。

投稿: HGK | 2009年12月26日 (土) 15時50分

マーくん達は鴎だから、空飛んでマリンに到達したんですよ、きっと(笑)
我らのB☆B、カビーは熊だから、自分達単体では高速移動は不可能なのだと思います。
決して、マーくん達が複数いるとかそんな事はな・・あれ? こんな早くに宅配便?


投稿: 宇宙狼 | 2009年12月26日 (土) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 触れてはいけない話…:

« 「超大物アスリートK」 | トップページ | 社会人野球、独立リーグ退団者を一年間受け入れず。 »