« 今年も一年間ありがとうざいました。-2009年を振り返って | トップページ | 下田武三コミッショナーの「新応援倫理三則」の元、大杉勝男の打席だけ鳴り物応援が認められた!?-【回想】敗戦処理。生観戦録-第11回 1984年(昭和59年)編 »

2010年1月 1日 (金)

新年あけましておめでとうございます。

01 新年あけましておめでとうございます。昨年は二つのチームを贔屓にする身にとっては最高のシーズンでしたが、もう年は明けました。

 

今年もNPBを中心に野球を観ながらいろいろと書いていきたいと思います。今年も時間と体力と、そして何よりも財力の続く限り、出来るだけ生で球場で観戦出来たらと思いますが、昨年は完全に予算オーバー<苦笑>。今年もジャイアンツとファイターズが頑張ってチケット代と交通費がどんどんかさむか、それとも一転してヤケ酒代がかさむのか。

2010年の野球界に期待しましょう。

今年も敗戦処理。およびあいウオッチbaseball!!をよろしくおねがいいたします。

2010年元旦 敗戦処理。

大晦日から新年に、いわゆる年またぎで、何気なくテレビのチャンネルを選んでいたら、tvkに合ってしまった。2010年になって最初に観るテレビ番組が「ベイスターズナイト」になってしまったのだ。

 

スタジオに山崎まさやら、ベイスターズファンの芸能人がひな壇に並び、中央にはホエールズOBの平松政次がいわばご意見番的にどんと座っている。パネラー席<>には「朝まで生テレビ」出演前の森永卓郎や、外国人助っ人の物まねで有名な360°モンキーズや、大晦日の日刊スポーツの一面で大相撲の高見盛とのデートを目撃されたバスト115cmLカップの松坂南、かと思ったら松中みなみという名前の女性タレントらが。何でも彼女はホークスの松中信彦の親戚らしい。

 

尾花高夫新監督は電話で出演して抱負を熱く語っていたし、番組の後半には加地隆雄球団社長もかけつけた。

つい、最後まで観てしまった<苦笑>

それでなくても今年のベイスターズにはジャイアンツからは尾花コーチが行き(かなりゴタゴタしたようだが)、ファイターズからは稲田直人ら三選手がトレードで行ったばかりかターメル・スレッジまで移った。(ちなみにファイターズとの三対三のトレードの仕掛け人は元ファイターズの二軍監督の岡本哲治編成部長らしい。)情が移るというと語弊があるが、ちょっとやりにくいなと感じていたのに新年早々こんな番組を観てしまったら…

雑念を振り切る意味でも初詣の出発を早めた。

実は敗戦処理。は一昨年の元日にはジャイアンツ球場を訪ね昨年の元日にはファイターズスタジアムを訪ねた。さすがにどちらも完全に閉じられていて、練習をしている殊勝な選手もいない。しかし誰もいないグラウンドというのは考え過ぎかもしれないが荘厳な雰囲気だ。過去二年、訪れたチームはいずれも一軍がリーグ優勝をしている。今年は両方を回ろうと考えた。

元旦とは11日の午前中を限定するものだという。神奈川県川崎市と千葉県鎌ヶ谷市にあるこの二カ所を共に午前中に、それも陽が昇ってから回るのは公共交通機関が休日ダイヤになっていることを考えると実は容易ではないのだが、360°モンキーズがドミンゴ・グスマンの打席の物まねを演じているさなかに時刻表とにらめっこ。都内某不動尊への初詣を合わせ、すべて回る段取りを組めた。

ご覧になってわかるとは思うが上がジャイアンツ球場で下がファイターズスタジアムだ。

 

今年もこの両チームに優勝してもらいたいが、そううまく行くとはさすがに楽観視できない。両球団に限らず、つまらない怪我人が少なく、楽しめるシーズンになって欲しい。

元日から野暮なことを言うのも無粋だし、あらためて2010年の年頭挨拶とさせていただく。

 

皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

P.S.

本日のオマケ

Photo 元旦の味の素スタジアム

|

« 今年も一年間ありがとうざいました。-2009年を振り返って | トップページ | 下田武三コミッショナーの「新応援倫理三則」の元、大杉勝男の打席だけ鳴り物応援が認められた!?-【回想】敗戦処理。生観戦録-第11回 1984年(昭和59年)編 »

コメント

ナターシャ様、明けましておめでとうございます。

こちらこそ本年もよろしくお願い致します。

> こちらにお邪魔したお陰で元旦の鎌ヶ谷球場を拝むことが出来ました(v^ー゜)ヤッタネ!!
去年の私の一番の思い出は鎌ヶ谷を含めた関東遠征旅行でした(笑

当方の都合でバタバタしており、その折には失礼致しました。

今年は(難しいとは思いますが)普通の日の鎌ヶ谷をぜひ見ていただきたいです。

* イベントもよいですが、普通の日の方がC☆Bをはじめ、行き届いたサービスをしてくれます。

> 今年も旅費がオーバーするくらい両チームがいい感じで闘ってくれるといいですね。

今年も両球団そろっての躍進を、と言いたいところですが元日にファイターズ球団からは年賀状が届いたのにジャイアンツからは来ないので、ややファイターズ寄りにシフトしようかなと考えています<冗>。

> 稲田選手はファンとのお別れ会などもセッティングしてもらい惜しまれて去るのはある意味幸せな
ことと思います。

一説によると当初稲田は移籍を渋っていたそうですね。

<<以下再現シーン>>

稲田「何でオレがトレードされなきゃならないんだ!」

茫然自失の稲田に一人の男が声をかけた。

「直人、プロ野球選手にトレードはつきものだ。切り替えてがんばれ」

稲田がその声に気付いて振り返ると、そこに立っていたのは小林コーチだった。

稲田は移籍を観念した。

お後がよろしいようで<笑>。

投稿: 敗戦処理。 | 2010年1月 2日 (土) 00時23分

敗戦処理。さん、明けましておめでとうございます。
こちらにお邪魔したお陰で元旦の鎌ヶ谷球場を拝むことが出来ました(v^ー゜)ヤッタネ!!
去年の私の一番の思い出は鎌ヶ谷を含めた関東遠征旅行でした(笑

今年も旅費がオーバーするくらい両チームがいい感じで闘ってくれるといいですね。

ベイスターズとの交流戦も外せませんね。

稲田選手はファンとのお別れ会などもセッティングしてもらい惜しまれて去るのはある意味幸せな
ことと思います。

この経験をバネに活躍して欲しいです。

投稿: ナターシャ | 2010年1月 1日 (金) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/32815105

この記事へのトラックバック一覧です: 新年あけましておめでとうございます。:

» 2010年・年頭のご挨拶 [にわか日ハムファンのブログ]
本年も当ブログとルパートリオ、ならびに私ルパート・ジョーンズをよろしくお願い申し上げます。 [続きを読む]

受信: 2010年1月 2日 (土) 09時35分

« 今年も一年間ありがとうざいました。-2009年を振り返って | トップページ | 下田武三コミッショナーの「新応援倫理三則」の元、大杉勝男の打席だけ鳴り物応援が認められた!?-【回想】敗戦処理。生観戦録-第11回 1984年(昭和59年)編 »