« 忘れ去られる過去もあれば、忘れてはならない過去もある。 | トップページ | 一匹狼江夏豊、たった一人の引退式-【回想】敗戦処理。生観戦録-第12回 1985年(昭和60年)編 »

2010年2月 1日 (月)

2月1日は特別な日。

日本のプロ野球界にとって21日といえばキャンプインの日。「プロ野球界の元日」とも呼ばれます。実は当blogがスタートしたのも21日。

200621日にスタートした当、あい ウオッチ baseball!!-敗戦処理。ブログ も5年目に入ります。これまでお世話になった皆様に感謝の意を表すとともに、今後もこれまで以上にあること、ないこと、じゃなかった、野球に関するいろいろな思いの丈をぶつけていこうと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

昨日(1月31)は遅まきながら、野球ファン仲間との新年会に出かけてきた。場所は在京ドラゴンズファンの聖地、神田の「ごはち亭」。中心スタッフの方と@niftyのベースボールフォーラムからのつきあいなので、図々しくも参加させていただいている。四谷三丁目の「居酒屋あぶさん」で行われた昨年の忘年会ではドラゴンズファンの方を前に落合博満監督批判をしてしまったが、相手の方の器の大きさに救われた。さすがに「ごはち亭」で二の轍を踏むまいと思っていたが店長さんはもっと器の大きな方だった。

niftyの頃からの長い知人もいれば、前回の忘年会で初めて会った人や、昨日初めて会話をした人もいるが、そこは野球ファンという共通項があるので何となく盛り上がる。落合博満の細かすぎる物まねをする牧田知丈主任のダイジェストシーンや、1982年のドラゴンズのリーグ優勝を決めた試合のビデオ(胴上げのどさくさに紛れて近藤貞雄監督の帽子が奪われる決定的瞬間の映像あり!!)や、ジャイアンツファンにとっては目を背けたくなる、江川卓がナゴヤ球場で九回裏に4点差を追いつかれ、延長戦でサヨナラ負けする試合のビデオなどの上映であっという間の約四時間だった。あまりの迫力に次回のトークライブの前売りを買ってしまったまだ予定が合うかわからないのに<苦笑>。

帰り道、たまたま同じ方向ということでJR神田駅で中央線を一緒に待っていた、敗戦処理。より一回り以上年が若い男性の参加者の方がホームでしみじみと言っていた。

「早く野球シーズンにならないかなぁ」

そう、この時期野球ファンなら誰もがそう思う。

皆、野球に飢えているのだ。

2月になってスポーツニュースなどで話題の球団、注目の選手の他愛のない話題でも釘付けになってしまうのはそういうことなのだ。やけにまばゆいユニフォームを着て、動いている姿を観るだけでワクワクしてしまうのだ。

また、先週はセ・パ公式戦(試合開始時間入り)やイースタン教育リーグ、イースタン公式戦の日程が続々と発表になった。観戦プランに胸を躍らせる時期だ。ファイターズファンの知人に声をかけまくって開幕戦観戦ツアーを計画中でこちらもワクワクする。

 

どんな年になるかわからないが、時間と財力、体力の許す限り、野球と付き合っていきたい。

平成二十二年二月一日

敗戦処理。

|

« 忘れ去られる過去もあれば、忘れてはならない過去もある。 | トップページ | 一匹狼江夏豊、たった一人の引退式-【回想】敗戦処理。生観戦録-第12回 1985年(昭和60年)編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/33200275

この記事へのトラックバック一覧です: 2月1日は特別な日。:

« 忘れ去られる過去もあれば、忘れてはならない過去もある。 | トップページ | 一匹狼江夏豊、たった一人の引退式-【回想】敗戦処理。生観戦録-第12回 1985年(昭和60年)編 »