« メンバーが足りません。 | トップページ | 今秋、日米野球が復活する? »

2010年5月 5日 (水)

中田翔ついに手術決意。そしてマリーンズから外野手を緊急獲得。

Dsc_0002 先月21日の対ジャイアンツ戦で左膝を痛め、左膝半月板損傷と診断されていた中田翔が早ければ連休明けにも手術に踏み切ることになったそうだ。復帰までに術後1~3ヶ月くらいかかる見込みだそうだ。日刊スポーツの記事によると4日に球団幹部と中田が話し合って決定したとのこと。よく決断したと思う。ケガの状況や治療法などに関して敗戦処理。は門外漢だが、いくら一軍が低迷した状態のままで、ファームもメンバーが足りません。という状態でも目先の復帰を急いで後々まで尾を引くくらいなら、きちんと手術をしてしっかり治して欲しいと思う。

そして同じく4日、ファイターズはマリーンズから外野手の佐藤賢治を無償トレードで獲得したと発表した。

(写真上:手術を決意した中田翔。4月29日の試合前の室内練習場の様子。この時は左膝に特に何もつけていなかったが…。写真下:ファイターズへの移籍が決まったマリーンズの佐藤賢治。よろしく頼む!20084月撮影)

Dsc_0111

いつも何かと情報を提供して下さるNさんのツイッター上での情報によると、4日の朝の時点で中田がもう手術に踏み切っていたことになる。日刊スポーツの記事が遅いのか?それともNさんは実はファイターズの球団幹部なのか?C☆Bのニセモノがもっともらしくつぶやく時代だ。いちいち驚いてはいられないが。

専門的なことはわからないが、中田には手術してしっかり治してもらいたいというのがある。

中田自身、今のファームの状況を間近で見ていれば一日でも早く試合に出たいと思うだろうし、一軍もこんな状態だからファームで活躍して一軍に復帰したいと思ったとしても当然だろう。推測だが手術を拒否したのはそういう気持ちからだろう。しかし中田翔という選手が多くの人が期待するような大器であれば、この三ヶ月くらいの遠回りなんて大した問題ではない。中田にはこれから先十年以上、ファイターズの中軸打者として活躍してもらいたいのだ。それを考えれば三ヶ月、今シーズンなんて短いものだ。古傷となって不安を抱えながらのプレーをこの先続けるなんて勘弁して欲しい。まだ21歳になったばかりの選手じゃないか。

中田復帰の長期化とリンクするのかどうか不明だがマリーンズから佐藤賢治外野手を無償トレードで獲得した。

無償というのが引っかかる。ここは佐藤本人のモチベーションのためにもファイターズ球団はマリーンズ球団に支払って金銭トレードとして欲しかったような<>。あるいは高級なハム製品の詰め合わせでも…。

 

* もっとも、あの小久保裕紀も無償トレードだったし…。

 

横浜高校からマリーンズ入りした右投げ左打ちの外野手で一軍経験はない。

マリーンズの瀬戸山隆三球団社長兼代表はかつてホークスで球団代表を務めていたが、ホークスでの後任の球団代表と名前が似ているので佐藤は印象に残っていた。一年目からイースタンの試合によく出ていたという印象があったが一年目の2007年に75試合も出場していた。しかし2008年には70試合、2009年には21試合と出場数が減っている。加えてマリーンズは実はジャイアンツの17人に次ぐ9人もの育成選手をかかえ、支配下選手と育成選手を足すと十二球団で四番目に多い76人もの大所帯なのだ(5月2日現在)。佐藤は前エントリーで取り上げた岩舘学と似たような境遇だったのかもしれない。

もちろん、佐藤も岩舘同様に一時しのぎの員数合わせではなく、旧所属球団では試合出場機会すらままならなかったのだから、その機会があるという現実に燃えて存在価値を示して欲しい。ファームに競争原理を働かせ、一軍をもうかがうくらいの活躍をして欲しい。

ところでこの佐藤を取り上げるに際し、佐藤のマリーンズ時代の画像がないか探してみた。結構ファイターズ戦で観ている印象があったが20084月のロッテ浦和でのマリーンズ対ファイターズ戦の画像が見つかった。しかし実はこの画像は佐藤を目当てで撮影したのではない。佐藤の隣に写っている選手を見て欲しい。

今成亮太なのだ。

このところ何回か書いているがファイターズの人手不足は今回が初めてではない。この試合では野手が足りなくなって捕手の今成が試合途中から二塁を守ったのだ。二塁ベース上の今成を撮影した画像の二塁走者が佐藤だったのだ。幸いにもこの試合、今成の日頃の行いが良かったのか、今成が守っている間に二塁への打球は飛ばなかった。ちなみに坪井が打撃中に自打球を当てて打席を続行できず、控えの野手がいなかったので投手の内山雄介が代打に出たのはこの前日なのだが、その試合では渡部龍一が試合途中で二塁を守っていた。佐藤の画像を探した結果、イヤなことを思い出してしまった<苦笑>。

http://mop-upguy.cocolog-nifty.com/baseball/2008/04/post_4549.html

余談だがダルビッシュ有のツイッター上のつぶやきによると、今日の試合後にダルビッシュは佐藤と一緒に食事をするらしい。間を取り持つのは西岡剛だそうだ。今日はマリーンズ球団から選手ひとりと白星をプレゼントしてもらえるか…?

|

« メンバーが足りません。 | トップページ | 今秋、日米野球が復活する? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/34533408

この記事へのトラックバック一覧です: 中田翔ついに手術決意。そしてマリーンズから外野手を緊急獲得。:

» 佐藤賢治の移籍 [ミーハーが書くマイナーな野球記]
佐藤賢治が千葉ロッテマリーンズから北海道日本ハムファイターズに移籍してきましたね。 正直、「無償トレード」という言葉はあまり好きではありません。単に「移籍」でいいと思うのです。 なにはともわれ、この移籍、よかったと思います。利益はあるでしょう。佐藤はチャンスをつかむことができた。 ファイターズは外野の守備層を強固にすることができた。 などなど… 移籍とかトレードとかに抵抗感を持つ人は日本にはたくさんいるけど、メジャーとかマイナーとか独立とかでそういった情報に触れている人間には、解雇でチャンスを... [続きを読む]

受信: 2010年5月 7日 (金) 00時00分

« メンバーが足りません。 | トップページ | 今秋、日米野球が復活する? »