« 1990年代第1号の本塁打を放ったのはまさに当時最強チームのこの男-【回想】敗戦処理。生観戦録-第17回 1990年(平成2年)編 | トップページ | 篠塚二世(または松井稼頭央二世)長田昌浩自らの意思で現役引退 »

2010年9月 3日 (金)

炎天下のデーゲーム(一部改稿)

01 1日、日本プロ野球の松原徹事務局長が日本野球機構を訪れて真夏の屋外球場での試合時間の再考を要望した。シーズン前の時点では今年のここまでの酷暑ぶりは想定外だっただろう。たしかに先週末、二日続けて屋外球場でのデーゲームを生観戦した敗戦処理。もしんどかった。

(写真:選手の集中力にも影響が…? 試合中に負傷退場する選手が出ないことを祈る。ちなみに後ろ姿は渡辺久信現ライオンズ監督。 2005年7月撮影)

もう既にチケットを発売している今年の残り試合の時間変更は無理としても、来年も今年並みの酷暑が続くようなら8月だけでなく7月~9月の週末のデーゲーム開催は考え直した方が良いだろう。選手だけでなく、観客にとっても酷暑なのだ。

もとより土日のデーゲーム開催が多かったパ・リーグに加え、近年、ゴールデンタイムの放映権収入というビジネスモデルが崩壊したセントラルでも土日のデーゲームが増加した。東京ドーム、ナゴヤドームはともかく、横浜スタジアムやカープのホームゲームもデーゲームが増えたようだ。延長戦や思わぬ長時間試合になっても交通の便の心配が不要なデーゲーム開催はファンにもありがたい面があるが、今年のような酷暑だと、選手もコンディショニングに苦労するだろうし、観客が熱中症になるおそれもある。少しでもリスクを回避するために13時開始を15時開始にするだけでも違ってくるだろう。本当に考え直して欲しい。

ちなみに今年の7、8月の屋外球場でのデーゲームは秋田1試合、神宮2試合、横浜2試合、マツダスタジアム1試合、旭川、帯広各2試合、クリネックス4試合、千葉マリン2試合だ。

そして皮肉なことに、この土、日のパ・リーグの三カードはすべて屋外でのデーゲームだ。生観戦される方は熱中症をなめたりせず、可能な限りの対策を施して欲しい。

そして、さらに悲惨なのが敗戦処理。も足を運ぶファームの試合。

先日ジャイアンツ球場に来季はナイトゲーム用の設備が整うことは当blogでも取り上げたが、それでもシーレックス(来季からベイスターズ)の横須賀スタジアムと合わせてもまだまだ少数派。さすがに先月は東京ドームや西武ドーム、千葉マリンスタジアムでイースタンのナイトゲームが開催されたが。

財政的理由その他で、ファームの試合の夏場のデーゲームが激変することは無いだろう。

特にファームの場合、観客に高齢者が少なくない。鎌ヶ谷だけでなく、各球場のネット裏特等席に高齢のファンが集まっている。選手達を自分の息子か孫かと言わんばかりに応援し、ヤジを飛ばすあのオジサン達のパワーにはいつも脱帽だが、健康第一。

とにもかくにも、9月に入ってもとても秋らしい天候にはまだなりそうもない。生観戦する方、本当にお気を付けて

 

 

 

P.S.

今日のオマケ

球場も酷暑に手をこまねいてるわけではない。

02 鎌ヶ谷名物、マスコットC☆Bによる水まき。気持ちイイんです。これ。ってカメラのレンズ大丈夫なのか。。。!? 2009年9月撮影

|

« 1990年代第1号の本塁打を放ったのはまさに当時最強チームのこの男-【回想】敗戦処理。生観戦録-第17回 1990年(平成2年)編 | トップページ | 篠塚二世(または松井稼頭央二世)長田昌浩自らの意思で現役引退 »

コメント

Eagles fly free 様、コメントをありがとうございました。

> 土日のデーゲーム開催が一時期よりも増えたのは、ご指摘の放映権の問題もさることながら、開場時間を早めることにより、ちびっこファン(親子連れなど)を球場に呼び込もうという側面もあったのではないかと聞いています(まぁそれでちびっこが熱中症になってしまったら本末転倒なのですが…(´・ω・`)…)。

そうだと思います。ただこの異常気象を想定できなかっただけで、責められないでしょう。


> 余談ですが、選手がいくら鍛えているといっても、別に水分や塩分を体外に出さないような秘法を極めているわけではないので、炎天下の下に居て水分/塩分を補給しなければならないのは観客も選手も同じかと。
私も夏場の球場に朝から晩まで居る場合は、大体4~5リットルは飲みます。
残暑が厳しいこの大学野球の季節、皆さんもお気をつけて。


私も観戦中は辛うじて集中していても、試合後にボーッとなることが多いですね。昨年まではほとんどありました。

駅の待合室などの冷房が効いたスペースに入っても、出た瞬間に気分が悪くなったり、まだこれといった対処法が確立できていません。そのうち涼しくなるだろうと考えているのですが、全然涼しくなりません。

選手ですら未曾有の経験で苦しんでいる選手がいるので、どうにもこうにもといった感じですが。


本当に一人一人が暑さを軽く考えずにその人なりの対策をたてるしかないですね。

投稿: 敗戦処理。 | 2010年9月 8日 (水) 00時19分

敗戦処理。さん、こんばんは。

個人的には夏の甲子園でネット裏から毎日四試合観るような人間なので、体調云々という観点では皆さんのご意見をただただ拝見するばかりなのですが。

さて。
土日のデーゲーム開催が一時期よりも増えたのは、ご指摘の放映権の問題もさることながら、開場時間を早めることにより、ちびっこファン(親子連れなど)を球場に呼び込もうという側面もあったのではないかと聞いています(まぁそれでちびっこが熱中症になってしまったら本末転倒なのですが…(´・ω・`)…)。

で、私のようなアマ野球も見る人間からしますと、(六大学から神宮のナイター=スワローズ戦の場合は問題ないのですが、それ以外の)以前は出来ていた

東都(平日昼間の神宮)や首都(原監督の甥の菅野投手が所属する東海大学とかが所属するリーグ)→東京近郊のナイター

というハシゴ観戦が再び出来る機会が増えるのは朗報かな、と思いました。


余談ですが、選手がいくら鍛えているといっても、別に水分や塩分を体外に出さないような秘法を極めているわけではないので、炎天下の下に居て水分/塩分を補給しなければならないのは観客も選手も同じかと。
私も夏場の球場に朝から晩まで居る場合は、大体4~5リットルは飲みます。
残暑が厳しいこの大学野球の季節、皆さんもお気をつけて。

投稿: Eagles fly free | 2010年9月 7日 (火) 22時58分

多摩虫様、コメントをありがとうございました。

> ここにきて脚の痙攣らしき症状を起こす選手も出てきたようです。水分補給は大事ですね、本当に。


ついに選手までが…と驚きました。

こんな状況下なのに「ナゴヤドームは鬼門」などと言っているジャイアンツは罰が当たると思います。


もちろん私も他人事ではありません。

にしたく さん宛のコメントにも書きましたが、多めの水分補給で乗り切ることを考えています。今月、あと3試合、デーゲーム生観戦予定あります。

投稿: 敗戦処理。 | 2010年9月 7日 (火) 00時47分

にしたく様、コメントをありがとうございました。

> 4日の神戸地区最高気温は35度。
イニング間のイベントを担当する球場職員が調べたところ、昨日のスカイマークスタジアム、グラウンド上の気温は40度を上回った(同番組ベンチリポートより)そうです。
実際にプレイしている選手達というのは、試合に集中していることや身体を鍛えている(ハズ)ということもあり、熱中症にかかりにくいはずなんですが・・・となるとお客さんはもっとキツいでしょうね。


今年は事前に予測不可能だったにせよ、来年は試合開始時間の変更など、出来る対策を実行するでしょう。そうなると問題は大半をナイトゲーム設備のない球場で行うファームの試合です。

ひとつには本拠地がダメでも本拠地に近い公設のナイトゲーム設備のある球場を借りれば良いではないかという考え方もあるでしょうが、そうそうどこにでも恵まれた施設がある訳ではありません。

また、敗戦処理。が知る範囲ではファームの試合をごひいきにするファン層には高齢の方、はっきり言えば定職をリタイヤして悠々自適な生活に入ろうとしている方も少なくないと思います。自分の息子と言うより孫に近い様な選手を応援しながら昔話に花を咲かせる風景がそこにあるのですが、それが危険になってしまう訳です。

そして他人事でなく、自分自身、けっこうきつい日がありました。自分はとにかく水分補給を多めにと考えています。幸い一軍の球場のように「瓶、缶持ち込み禁止」などということはないので大容量のペットボトルを買って持ち込みます。

投稿: 敗戦処理。 | 2010年9月 7日 (火) 00時40分

9月に入っても、暑いこと暑いこと…。

ここにきて脚の痙攣らしき症状を起こす選手も出てきたようです。水分補給は大事ですね、本当に。

投稿: 多摩虫 | 2010年9月 6日 (月) 22時12分

昨日、KBCラジオ「ダイナミックホークス実況中継」で話題にのぼっていたのですが、
一昨日のオリックス対ソフトバンク(スカイマークスタジアム)のデーゲームで、ソフトバンクの山崎捕手とオリックスの大引内野手の両名が熱中症のような症状で途中交代したそうです。
4日の神戸地区最高気温は35度。
イニング間のイベントを担当する球場職員が調べたところ、昨日のスカイマークスタジアム、グラウンド上の気温は40度を上回った(同番組ベンチリポートより)そうです。
実際にプレイしている選手達というのは、試合に集中していることや身体を鍛えている(ハズ)ということもあり、熱中症にかかりにくいはずなんですが・・・となるとお客さんはもっとキツいでしょうね。
 
個人的には、近くにあるヤフードームで快適に観戦しているので、昼でも夜でも終電がどうとか観戦中の気温がどうとかを気にする機会がありませんが、社会人になってお金に余裕ができて、中国地方以北に足を伸ばそうとすると、その辺を気にしなきゃいけなくなりますね。
 
正直、ジャイアンツの3位転落で、来季以降のことを考えているヒマはありませんが、しかし、観客動員にも影響が出かねない問題なので、屋外での真夏のデーゲームへの“対策”は避けられないでしょうね。

投稿: にしたく | 2010年9月 6日 (月) 09時34分

HARA88様、コメントをありがとうございました。

> 僕は今から阪神鳴尾浜球場へファーム公式戦の生観戦に行ってきます。今年5月のジャイアンツ球場での生観戦から各球団のファームの本拠地巡りを始めて今回が12球団目になります。

素晴らしいですね。もう現地でしょうか。私もウエスタン方面は苦戦中で、今までにナゴヤ、鳴尾浜、藤井寺しか行っていません。来季、何とかしようと思っているのですが。

それにしても短期間で全球団のファームの球場を回られるとは恐れ入ります。

あちらも暑いでしょうし、ハードな長旅になるでしょうが、お気を付けて楽しい観戦となるように。また観戦話をお聞かせ下さい。

投稿: 敗戦処理。 | 2010年9月 4日 (土) 09時37分

本当に毎日暑くて嫌になりますね。

僕は今から阪神鳴尾浜球場へファーム公式戦の生観戦に行ってきます。今年5月のジャイアンツ球場での生観戦から各球団のファームの本拠地巡りを始めて今回が12球団目になります。

投稿: HARA88 | 2010年9月 4日 (土) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/36527137

この記事へのトラックバック一覧です: 炎天下のデーゲーム(一部改稿):

« 1990年代第1号の本塁打を放ったのはまさに当時最強チームのこの男-【回想】敗戦処理。生観戦録-第17回 1990年(平成2年)編 | トップページ | 篠塚二世(または松井稼頭央二世)長田昌浩自らの意思で現役引退 »