« 澤村拓一、はじめの一歩 | トップページ | 鎌ヶ谷の一番長い日 »

2011年1月10日 (月)

鎌ヶ谷最後の日

Dsc_0057 8日のジャイアンツ球場に続いて、今日(10日)はファイターズスタジアムに行ってきた。こちらはまだ新人合同自主トレを始めていないが、逆に始まらないうちに一度行っておきたいと思ったのだ。そう、平穏なうちに…。

(写真:サインを求めるファンに対応するドラフト3位入団の乾真大。この見慣れた光景も当分お預けに…!?)

ファイターズの新人合同自主トレは12日から。そして斎藤佑樹が勇翔寮に入寮するのはその前日の11日と言われている(日付は推定)。なんでもその日は日本テレビ系の「情報ライブミヤネ屋」が鎌ヶ谷の盛り上がりぶりを番組で取り上げるそうで、斎藤の入寮シーンを同番組で生中継するのでは?という憶測まで飛んでいる。

ちなみに今日はドラフト6位入団の斉藤勝と4位入団の榎下陽大が相次いで入寮したが、共に待ち構えた取材陣がその瞬間を捕らえ、荷物を部屋に置いた程度のタイムラグですぐに報道陣に囲まれていた。

Dsc_0056 (写真:入寮後、即席の会見を開く榎下陽大。顔が見えているのが榎下)

これでファイターズのルーキーでまだ入寮していないのは斎藤ひとりになったが、そんな今日でもフジテレビ系「めざましテレビ」TBSテレビ系「ひるおび!」、さらには北海道文化放送(UHB)の取材クルーが選手だけでなくファンにもマイクを向けてインタビューしていた。

Dsc_0045 主役が来る前からこれである。明日からチームが沖縄キャンプに行くまでどんな事態になるか考えたくもない。

敗戦処理。が気に揉むくらいだから、球団も手をこまねいている訳ではない。今朝のスポーツ報知によると、

■ 鉄壁「佑」歩道!寮から球場入り守る…日本ハム

日本ハムが12日から千葉・鎌ケ谷の2軍施設で始まる新人合同自主トレ中に、一般客の立ち入りを禁止する“佑ロード”を設置することが9日、分かった。普段は開放されている勇翔寮から三塁側の選手入り口まで約100メートルを封鎖。ドラフト1位の斎藤佑樹投手(22)=早大=を見ようと来場する大勢のファンらによるトラブルを、未然に防ぐ構えだ。

と考えているようだ。冒頭の写真が「まさに普段は開放されている勇翔寮から三塁側の選手入り口まで」のエリアで起きている、普段見慣れた光景だ。

ちなみに写真でファンが列を作っている後方の壁の上に青い布が張られているが、あれが既に報道された、ファンがブルペンをのぞけなくするための目隠しの布だ。ダルビッシュ有が入団した時でもこんな措置は講じられなかった。

昨年129日に行われた、斎藤ひとりのための入団発表には札幌ドームに8,000人が集まったという。球団サイドが過敏に警戒するのも無理も無かろう。明日の入寮(日付は推定)12日からの新人合同自主トレ、16日の新入団選手歓迎式典&交流会が無事に滞りなく行われることを期待して止まない。

余談だが敗戦処理。がツイッターで、今まで来なかった人が来ることに警戒感を強めているようにとられる呟きをしたことでフォロワーさんに誤解されたようだが、そんなつもりは毛頭無い。球場のキャパシティーを心配しただけだ。これを機にファイターズファンが増えてくれることは大歓迎だ。極論を言えば「アンチ斎藤」でもいいから、今までプロ野球に関心を示さなかった人がプロ野球ファンになってくれればそれでもいいと思っている。たしかに鎌ヶ谷には「ここは俺たちの場所」みたいな顔をしている人が少なからずいるが、別に普通に、見物してかまわないエリアで自由に見ればいいだけの話だ。普通のマナーが守れればトラブルはそんなに起きないと思う。

ただファイターズタウンの敷地はやたら広く、よくチビッコ達が走り回ったり、壁にボールをぶつけて楽しんだりしているが、それが今回の警備強化のあおりで制限されるような事があったら残念だと思うが。

敗戦処理。は今日、今年初めてファイターズタウンに来た。先日のジャイアンツ球場に加え、贔屓チームのグラウンド二ヶ所の空気を吸い、これで本当に年が改まったという感じだ。先述のように既に斎藤以外のルーキーは既に入寮しているのだが、昨日までに入寮していた乾真大西川遥輝谷口雄也はグラウンドでトレーニングをしていたが、常連のファンはもう三人の顔を覚えている。敗戦処理。も教えてもらった。今日は着ている服で見分けをつけたが、まだ…。ただ2位入団の西川は童顔で甘いマスクで、これまた人気者になりそう。ジャイアンツ2位指名の宮國椋丞もイケメンらしいし、昨秋のドラフト2位組は当たりが多い?

敗戦処理。は自分が撮影した写真をプリントしてそれにサインを書いてもらうのを趣味にしているので、顔や姿形を覚えておかないと、サインをもらえないのだ。特にこの時期は新人以外もユニフォームを着ていないので誰だかわからない時もある。ジャージなどに背番号やネームが入っている場合はよいが、そうでない場合はサインをしているシーンを見て、書き入れる背番号で判別する時もある<>

今日は練習している選手が少なかったが、二年目の増井浩俊荒張裕司からサインをもらった。また、入寮して初練習直後の榎下からは昨秋の明治神宮野球大会の時の写真に今日の日付を入れてサインをもらった。

Dsc_0073 榎下や他のルーキー達は、やはりまだサインに慣れていないのか、一人当たりの所要時間が長いようだ。

またまた脱線するが榎下とサインをもらうファンの間に映っているこの女性。北海道文化放送の中野涼子アナウンサーという方だそうだ。斎藤が入団発表のために札幌入りした際に新千歳空港で取材していたそうだから、スポーツアナなのだろうか。この女性からサインをもらっている人が少なくとも三人いた。何年後かにはファイターズの誰かと…?

今後、斎藤目当てでファイターズタウンを訪れる新しいファンの人達が、鎌ヶ谷なりの良さに染まって、単に「斎藤がいるからファイターズも好き」と言うところから一歩先を行ってファイターズや鎌ヶ谷の良さを肌で感じてくれればと思う。そして斎藤には2月からのキャンプはもちろん、オープン戦、開幕一軍はもちろんのこと一軍で先発ローテーションに定着してもらい、3月からは平穏な鎌ヶ谷に戻って欲しい。

でも、斎藤が一軍でガンガン投げても、鎌ヶ谷の住民であることには変わりはないのか、当面…

|

« 澤村拓一、はじめの一歩 | トップページ | 鎌ヶ谷の一番長い日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/38418957

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌ヶ谷最後の日:

« 澤村拓一、はじめの一歩 | トップページ | 鎌ヶ谷の一番長い日 »