« これが背番号と言えるのだろうか? | トップページ | 日本初のプロサッカーリーグ-Jリーグ開幕の日、敗戦処理。がいたのは国立競技場ではなく…【回想】敗戦処理。生観戦録-第20回 1993年(平成5年)編 »

2011年2月27日 (日)

田中賢介が開幕に間に合わないとしたら…

Dsc_0039 小向美奈子がハミ乳を強調しながら成田空港の通路を闊歩している写真が一面に躍る26日付けの日刊スポーツの4面に「田中右手薬指骨折」の見出しが…。田中賢介が名護キャンプ最終日の練習でイレギュラーバウンドの打球を右手薬指に受けて骨折したそうだ。全治四週間の診察で開幕戦出場が微妙な状況になった。

チームを引っ張るリードオフマンにして選手会長の田中が開幕に間に合わないとしたら…。

ファイターズとファイターズファンにとって衝撃のニュースがキャンプの最後に入ってきた。

言わずとしれた不動のリードオフマン、そして好守の二塁守備。無事開幕から元気に出てくれればありがたいが、間に合わなかった時のダメージは大きい。しかし悪い方を想定して、開幕で田中がラインアップに名を連ねることが出来ない場合を考えてみよう。

田中の一番はいわばファイターズでは指定席。今オフにFA移籍でチームを去った森本稀哲と組んだ一、二番は一番森本、二番田中だった2006年から、いわば強いファイターズの象徴の一つだった。田中が開幕に間に合わなかったとすると、その名コンビが二人とも抜けた状態で開幕に突入することになる。今キャンプで田中は骨折以前に紅白戦や練習試合といった実戦に出場していなかった。その間代わりに一番を打っていたのは昨年クリーンアップの一角を見事に全うした糸井嘉男だった。

糸井が一番に入り、敗戦処理。オススメの金子誠が二番稲葉篤紀が三番を打ち、四番の小谷野栄一を挟んで糸井が打っていた五番を新外国人のマイカ・ホフパワーが打ってくれれば、一時凌ぎにはちょうど良いだろう。

ただ、打撃面よりも誰が二塁を守るかの方が大問題。

昨年、ファイターズで田中以外に公式戦で二塁を守ったのは高口隆行だけだが、その高口はトレードでマリーンズに移籍した。ではファームでは誰が二塁を守っていたかとイースタン・リーグの記録を調べたら杉谷拳士55試合を筆頭に、以下中島卓也21試合、今浪隆博16試合、尾崎匡哉12試合、岩舘学10試合、加藤政義と本職は捕手である今成亮太の各2試合。高校卒二年目同士で、球団も意図して競わせようとしている杉谷と中島がここでも重点的に起用されている。

Dsc_0068 昨年、イースタン・リーグの年間安打数の記録を更新し、テレビ朝日系の「報道ステーション」のスポーツコーナーで栗山英樹から規格外に選ばれた杉谷はキャンプ終盤に二軍落ち。

Dsc_0104 いっぽう一軍に残ったライバルの中島が26日のオープン戦初戦でスタメン二塁に起用され、今日27日は飯山裕志がスタメンに起用された。

田中賢介が開幕に間に合わない場合、確実に言えることは賢介の穴を埋める選手など存在しないということだが、何試合くらいで復帰出来るかによって対処方法が異なるだろう。

個人的には欠場試合数が一桁におさまる程度であれば、守備での穴を最小限にとどめることを考えて飯山を「九番・二塁」でスタメン起用するのが無難だろうと思う。

Dsc_0048 杉谷や中島と言った若手を試す絶好のチャンスという見方もあるかもしれないが、独特の雰囲気の支配されるというシーズン開幕からの何試合かを未経験の若手に託すのは、彼ら若手にとってもプラスとは思えない。まずは飯山とか、せいぜい今浪隆博あたりをスタメンで起用して様子見をするのが無難ではないかと思う。力のない選手がシンデレラになるなど、夢を見てそれで開幕ダッシュに失敗したら…。もちろん一軍のベンチを経験させる程度なら、若手抜擢に反対する理由はない。

また、こういう時こそ加藤政義をという声もあろう。

Dsc_0033 昨年は即戦力ルーキーの呼び声も高かったが、途中故障離脱もあってその本領を発揮出来なかった。本人も今年こそと奮起していると思う。むしろチャンスが来たと思うくらいであって欲しいが、実際どうだろうか…?

Dsc_0101 伏兵的に苦労人岩舘学が救世主的な活躍をしてくれると信じている知人もいるが、まさに伏兵という感じだ。

田中が開幕から元気に暴れてくれたらこれらの心配は杞憂に終わるのだが、そうでない場合、こんな開幕オーダーを期待する。

()糸井嘉男

()金子誠

()稲葉篤紀

()小谷野栄一

()ホフパワー

()中田翔

()高橋信二

()鶴岡慎也

()飯山裕志

()ダルビッシュ有

諸般の事情<苦笑>により少数精鋭で臨んでいるこのチームの層の薄さを嘆いても始まらないが、どのみち賢介の穴を埋める選手などいるはずもない。梨田昌孝監督のやりくりに注目する。どうなるか。

|

« これが背番号と言えるのだろうか? | トップページ | 日本初のプロサッカーリーグ-Jリーグ開幕の日、敗戦処理。がいたのは国立競技場ではなく…【回想】敗戦処理。生観戦録-第20回 1993年(平成5年)編 »

コメント

多摩虫様、コメントをありがとうございました。

> 恐らく小谷野の代役は二岡だと思いますが、

二岡はまた足がどうとか言っているんじゃなかったでしたっけ?

万全なら三塁を守って欲しいですね。

高橋、田中、小谷野、飯山と内野陣一組まるまる故障とはもう何も言う気が起きません。

> ホフパワーや中田の4番も現実味を帯びてきたような…

右打者で大きいのを期待出来そうなのが中田くらいですから、中田四番抜擢もあながち無いとはいえない感じですね。

投稿: 敗戦処理。 | 2011年3月 3日 (木) 00時22分

えふひとすじ様、コメントをありがとうございました。

> 賢介に続いて小谷野が骨折ときいて、がく然、真っ青です。
どうしたらよいのか・・・

今日(2日)の東京ドーム観戦を終えて、ツイッターでその話を聞き、私も愕然としました。

そのやりとりでも出ましたが、「全治四週間」といっても賢介や小谷野不在で四週間も戦わなければならないのではないと言えるのです。

単純に今日の四週間後を考えると、斎藤佑樹が初先発すると勝手に決めている東京ドーム、まだ開幕して五試合目に復帰です。

何とかなりますよ、きっと。

根拠は無いですが

投稿: 敗戦処理。 | 2011年3月 3日 (木) 00時14分

恐らく小谷野の代役は二岡だと思いますが、高橋・鶴岡・飯山の回復次第では更にオーダーが変わるでしょうね。ホフパワーや中田の4番も現実味を帯びてきたような…

投稿: 多摩虫 | 2011年3月 2日 (水) 22時27分

こんばんは。
賢介に続いて小谷野が骨折ときいて、がく然、真っ青です。
どうしたらよいのか・・・

投稿: えふひとすじ | 2011年3月 2日 (水) 22時08分

Eagles fly free様、コメントをありがとうございました。

こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

> 個人的には加藤選手を推したいところですが、仰る通り経験豊富な飯山選手辺りが無難ではあると思います。

仰る通り、無難という選択肢になると思います。

長引くようであれば、まずは飯山で、そこから頃合いを見て加藤政あたりにシフトするというのも考えられそうです。

杉谷や中島に今このタイミングであまりに重しをかけるのは彼らの将来のためにはよくない様に思え、敗戦処理。的にも冒険より無難な、という思考になっています。

梨田監督の腹は如何に…?

投稿: 敗戦処理。 | 2011年2月27日 (日) 23時53分

敗戦処理。さん、こんばんは。
遅ればせながら今シーズンもよろしくお願いいたします。

さて。
田中賢選手の離脱は残念ですね。
個人的には加藤選手を推したいところですが、仰る通り経験豊富な飯山選手辺りが無難ではあると思います。
なんといってもセカンドの守備が一番しっかりしているのは、彼だと思いますし。

投稿: Eagles fly free | 2011年2月27日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/39041155

この記事へのトラックバック一覧です: 田中賢介が開幕に間に合わないとしたら…:

« これが背番号と言えるのだろうか? | トップページ | 日本初のプロサッカーリーグ-Jリーグ開幕の日、敗戦処理。がいたのは国立競技場ではなく…【回想】敗戦処理。生観戦録-第20回 1993年(平成5年)編 »