« 桐光学園・松井裕樹を観てきた! | トップページ | やっぱりオールスターゲームは楽しい! »

2013年7月15日 (月)

斎藤佑樹、四回途中75球降板!斎藤佑樹はケッペルに続くか!?

Cdsc_0191_2
6
22日のフューチャーズ戦以来、週末の休日ごとに登板を繰り返しているファイターズの斎藤佑樹が今日(15)のファイターズスタジアムでのジャイアンツ戦に先発。一回表にいきなり橋本到にソロ本塁打を浴びるなど二死から2点を奪われ、立ち直りかけたかなと思われた四回表に一死二塁から大累進を遊邪飛に打ち取って二死二塁になったところで交代。75球だった。

代わった二番手の根本朋久井野卓に右中間タイムリー二塁打を打たれて斎藤の残した走者が生還したため、斎藤は
32/3を投げて自責点3という結果になった。


ースタン公式戦では今季初先発。今季初めて4イニング目に突入し、投球数も最多の75球。一軍復帰に向けて一歩一歩進んでいると信じたいが、果たして今どのくらいの段階なのだろうか?


(写真:四回表二死二塁という場面で交代を告げられた斎藤佑樹。)



右肩痛に悩まされている斎藤佑樹は、6月
22日の対フューチャーズ戦に先発して2イニング、23球を投げて無失点に抑えて以来、週末の試合に短いイニングの登板を続けてきた。幸いにもその前の週末から、ファイターズはこの三連休まで五週続けて週末に鎌ヶ谷での試合が組まれている。

フューチャーズはイースタン・リーグの球団数が7球団と奇数であることから、各球団の育成選手や、支配下選手でもなかなか出場機会に恵まれない選手を集めた混成チームであり、イースタン・リーグで対戦する単独チームよりは質が落ちると見られる。宇賀なつみアナや秋元玲奈アナといった女性スポーツアナが鎌ヶ谷を訪れるほど注目を浴びたが、故障明けの試運転としては無難な相手を選んだといった感じだ。

翌週末の30日のマリーンズ戦で初めてイースタン・リーグ公式戦に登板。先発の上沢直之の後の二番手として登板したが2イニングで4失点。金澤岳にスリーラン本塁打を浴びた。

その次は7月7日のタイガースとの交流戦に、先発のボビー・ケッペルの後を受けて登板。一軍同様、ファームの交流戦も公式戦だ。斎藤は3イニングで21球投げて1失点。失点は狩野憲輔のソロ本塁打だった。

Cdsc_0123
そして今日、ジャイアンツを相手にイースタン・リーグ公式戦では今季初先発。


過去二試合、いずれも本塁打による失点を喫しているが、今日も一回表、二死から三番の橋本到に流し打たれた打球は風にも乗ってレフトスタンドに弾んだ。打球がよく見える三塁側のファイターズファンからは「追い風参考記録」との声も飛んだが、本塁打であることに変わりはない。

それでもここで止めておけばよかったのだが続く四番の大田泰示にストレートの四球。目下13試合連続安打の大田に圧倒されたか、いただけない四球。そして続く脇谷亮太にセンターの頭上を超えるタイムリー二塁打で追加点を献上。
Cdsc_0087
この打球もセンターの谷口雄也が一瞬前進しようとしてそれから下がって頭の上を越されるという、目測を誤った感じではあったがフェンス際まで飛ばされていたことは確か。不安な立ち上がりだった。この後も小笠原道大の初球に死球でさらに二死一、二塁とピンチを拡げるが坂口真規を三振に仕留めて2点で止めた。


二回表は三人ともゴロで仕留めて三者凡退に退けたが、三回表には先頭の荻野貴幸がライト前に弾くと、橋本の打席で二盗成功。橋本と大田は倒れるが、脇谷の打席で斎藤が暴投。二死三塁となるも、脇谷を一ゴロに打ち取った。
Cdsc_0098
打者を打ち取るにしても球数を要するなど、少なくとも素人目には“復活に近づいている”かというと疑問符…。


そして四回表、先頭の小笠原にはファウルで粘られるも、8球目で空振り三振に仕留めた。
Cdsc_0183

さあ調子が上がってきたかと思ったら坂口にあっさり四球。そして今度は坂口に二盗を決められ、一死二塁。大累進を遊邪飛に打ち取って二死二塁となったところで、ベンチから加藤武治投手コーチが出てきた。

「えっ!?

一瞬アクシデントかと思ったが、マウンドに集まった内野陣は普通な表情。しかし加藤コーチは大和貴弘球審からボールをもらっている。交代だ。(冒頭の写真)

スコアボードの表示によると、斎藤はここまで75球。今季最多だ。しかし、イニングの途中、球数目安だとしても80球の手前、何とも不可解な途中降板だった。3回2/3、打者17人、被安打3(内、被本塁打1)、奪三振3、与死球1、与四球1二番手の根本朋久井野卓に右中間タイムリー二塁打を打たれて坂口が生還したため自責点(、失点共に)3だった。

大きく外れるボール球が多く、与四死球3より多い印象。あくまで素人目線であるが、まだまだ一軍復帰への道は険しい、というか、まだその前の段階なのだろう。

しかし、イースタン登板の状況が必ずしも復調への物差しになるとは限らない。


昨日(14)一軍に復帰して先発、五回二死までパーフェクトに抑える好投で639日ぶりの勝利を挙げたボビー・ケッペルのファームでの登板はそれこそ斎藤より派手な炎上ぶり。
Cdsc_0091

直近の今月7日のタイガース戦(斎藤が二番手で登板)こそ先発して2イニングを無失点で終わらせたが、2イニングで35球を費やすハラハラさせる内容だったそうだ。

その前の
629日のマリーンズ戦では先発して4イニング、4自責点。さらにその前の6月15日のスワローズ戦の先発では3イニング6失点と投げる度に試合を壊していた。

昨日の一軍先発は大谷翔平のアクシデントで急遽代役を立てなければならず、消去法で選んだとしか思えなかったが、まさかの好投。正直、ケッペルのこの試合での好投と、生で見たイースタンの試合の乱調との相関関係がわからない。だとすれば斎藤も…と好意的な解釈も成り立つかもしれない。

もっともケッペルは4月20日のフューチャーズ戦での復帰登板から計9試合、ファームで登板。最多投球数が100球で、その登板を含め90球以上となったのが三試合あった。敗戦処理。のような素人にはわかりにくいチェック項目があってそれを段階を経てクリアしてきたということだろう。だとすると、斎藤はまだフューチャーズ戦を含めても四試合目の登板。最多投球数も今日の75球。ケッペルが三試合達した5イニング投球も経験していない。ケッペルと斎藤では故障の内容が異なるので一概に比較は出来ないが、復帰登板が二ヶ月ずれていることを考えると、斎藤もあと二ヶ月くらいはかかると、観る側も長い目で観るしかないのではないか。

一年目に6勝、二年目の昨年は5勝を挙げた右腕が先発ローテーションに入れないのは今年のファイターズがパ・リーグでなかなか浮上できない一因だと思っている。もちろん、こうなってしまった以上は完璧に治して上がってほしいが…。

今ケッペルと比較したが、誤解を恐れずに言えば、斎藤が復活すればケッペルの復活とは別の意味で大きなプラスを球団に及ぼすと思う。

まずマスコミが飛びつく。そしてファンが続く。斎藤の人気は今でも変わらない。野球ファンという領域を超えて支持されるプロ野球選手は十二球団を見渡してもそうはいない。これは決して「客寄せパンダ」と言っているのではない。大谷翔平の前人未踏の“二刀流”とも様相を異にする、いわば社会現象にも匹敵する注目度を持っている斎藤佑樹の復活は単純に星勘定だけの問題ではないと思う。



試合の方は斎藤をリリーフした根本が代わりっぱなの井野にタイムリー二塁打を打たれただけでなく続く藤村大介にもタイムリーを打たれ、四回表にして0対4。前日のゴールデンイーグルス戦では0対4から終盤に追いつき、延長戦でサヨナラ勝ちしたファイターズだが、その後も根本が五回に大田にレフトポール際に場外本塁打を打たれるなど追加点を重ねられ、一方的なまま試合は終わった。


15日・ファイターズスタジアム】
G 200 210 120 =8
F 000 000 000 =0
G)福田、○今村、渡辺-井野、鬼屋敷
F)●斎藤、根本、植村、榊原、若竹-尾崎
本塁打)橋本3号ソロ(斎藤・1回)、大田6号ソロ(根本・5回)


ジャイアンツでは大田は二試合連続本塁打。14試合連続安打となった。大田は本塁打のあと、七回にもライト前にタイムリーを放った。
Cdsc_0213
高橋由伸、谷佳知
の両ベテランが一軍復帰後も味のある活躍をしており、その高橋由、谷の一軍復帰に伴って二軍落ちした松本哲也が、オールスター前で先発投手の必要数が減ったのに乗じて一軍復帰したので外野手の大田としてはなかなか一軍に上がれないかもしれないが、ここは声がかかるまで調子を維持していくしかあるまい。


高橋由、谷と入れ替えで二軍落ちしたのは松本哲ともう一人、小笠原道大。「六番、指名打者小笠原…」とスタメンの発表でも大拍手。相変わらずの人気健在ぶり。今日は斎藤との二度の対決、四球と空振り三振だけでおしまい。第三打席に代打加治前竜一を送られた。


ジャイアンツでは福田聡志がイースタンでは
420日以来約三ヶ月ぶりの先発。

Cdsc_0133

昨年一軍で50試合に登板。先発投手などに突発的なアクシデントがあった時などにロングリリーフでチームを救い、「ミスター緊急登板」とも言われ、シーズン終盤には勝利の方程式の一角をも担った存在だけに、復調が待たれる存在だ。今日はファイターズ打線を4イニングで被安打1と抑え込んだ。今後も先発に取り組むのだろうか?

二番手は二年目の今村信貴
Cdsc_0209
9日のゴールデンイーグルス戦で先発して2イニングで4失点してKO。敗戦投手になったリベンジをファイターズにぶつけた。福田と同じ4イニングを投げて被安打2ながら同じく無失点で勝利投手となった。


このカードはフレッシュオールスター前の17日までの三連戦。ファイターズでは17日に新外国人選手のトーマスの先発が予定されているそうだ。明日は上沢と予想。ジャイアンツは17日は中六日でデニス・ホールトンと予想するが明日がわからない。育成ドラフト1位の田原啓吾あたりか…。

さて、海の日といえばC☆Bの誕生日。2006年にデビューしたC☆Bだが、その翌年からファイターズは海の日を含む三連休に「鎌スタ☆祭」と銘打って様々なイベントを展開している。特筆すべきことは2007年から今年で七年のうち、六年間にファイターズは海の日に鎌ヶ谷で主催試合を組めている。イースタン・リーグにはファームの本拠地での主催試合を有料化していない球団が三球団あるとはいえ、今年でいえば有料開催のジャイアンツを相手に主催試合を組んでいるのだから大した営業力である。


今回も地元にゆかりのシンガーの演奏や、B☆Bポリーからのお祝いのメッセージが読み上げられていたが、読み上げていたアテンドの羽生みずきさんの声が途中から涙声になっていた。
Cdsc_cb0073
日は羽生さんの他に過去二代のC☆Bのアテンドの女性が鎌スタに顔を揃えていた。両先輩を前に緊張していたのだろうか…。

また、拙blogでも何回か前振りしていたプールが前日の14日からオープン
Cdsc_0235
最終
形がどうなるか心配していたが、完璧な防球ネットが設けられた。隣のパラソルシートも涼しそうだ。

また、イベントには欠かせないドナルドもマクドナルドの店舗のクルーと共に登場。
Cdsc_0056
今日は出番が少ないなと思っていたら試合後のグラウンドでのファンとのふれあいイベントにも参加していた。


Cdsc_0010

また、何気に雪が降っていた。


これ、当たると意外に痛い<>


そんなこんな、お祭りムードに斎藤登板、相手がジャイアンツと観客動員のあらゆる要素が揃った結果、今日は今季では429日のベイスターズ戦の4,354人に次ぐ今季二位の4,173人が入場した。
Cdsc_41730254

トップの4,354人が入った429日のベイスターズ戦では劇的なサヨナラ勝ちでファイターズファンを魅了したファイターズナイン。今日ももうちょっとどうにかならなかったのだろうか…。


むしろジャイアンツファンにとってのお祭りのような試合展開に…。

本塁打にタイムリーと大活躍の大田は帰りのバスに乗り込む前にファンのサインに応じていた。
Cdsc_0281
出待ちのファンからは「珍しい…」との声も。今日も本塁打を打つ前は「立派な背番号が泣いてるぞ」との野次が飛んでいた。野次を黙らせるには結果を出すのが一番…。

 

|

« 桐光学園・松井裕樹を観てきた! | トップページ | やっぱりオールスターゲームは楽しい! »

コメント

シュボ様、コメントをありがとうございます。

> そういえば大谷の代役の先発を考えていた時に一人忘れてましたが多田野もいたなあと後から思いました。ケッペルが好投したのでケッペルで結果的に大正解でしたけどね。

私が生観戦したファームの試合では多田野はケッペルに輪をかけて酷かったので対象から外していました。

ちなみにこの日、試合前にライトスタンド後方の坂で一人黙々と何回もダッシュをこなす多田野の姿を見ました。

> 本題の斎藤ですがまずは投げられるようになっただけで春先に比べれば良かったかなと思います。実績は全く違いますし、比較対象としてはどうかと思いますがソフトバンクの斉藤和巳のようなこともちょっと考えてましたので。ケッペルのように2ヵ月後に1軍で登板しているかどうかはその時になってみないとわからないですけどね。

私は観るの二回目なので、段階を踏んでいるかを見ました。イニング数と投球数は徐々に増えているのでまだまだこれからかな…と。

> 大田は中井の活躍が刺激になってくれれば良いのですが。一部では通産安打数が大谷に抜かれ、通産本塁打が大谷と並ばれるなんて言われてましたから頑張ってほしいところです。もちろん大谷と比べるなら両球団のファンとしては高いレベルで競ってほしいですけどね。

大谷と比べられているのですか<笑>。

まぁ、それ以前に年下の筒香に抜かれていることを刺激にしてほしいですね。

筒香もファンから見れば物足りないでしょうが、大田は一軍で試合に出られないですからね。

> そして大人はむしろプールよりも水も近く日陰というロケーションの隣のパラソルシートの方が利用しやすそうですね。

試合中は内野席でずっと見ていたので近くで見ていないのですが、パラソルにはプールで遊んでいる子供たちの保護者たちが多くいたそうです。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年7月17日 (水) 23時50分

HARA88様、コメントをありがとうございます。

> 1年ぶりに鎌ヶ谷スタジアムへ行きましたが球場の変わり様に驚きました。

変わりすぎるくらい変わってますね<笑>。

> ジャイアンツファンの私としては素直にジャイアンツ勝ち試合を観れて嬉しいです。橋本と大田のホームランが観れましたからね。

橋本の“追い風参考記録”本塁打と違って、大田のは見事な場外弾でしたね。翌日にも本塁打を打って三試合連続。絶好調ですね。

ただ、一軍に空きがない…。

> 佑ちゃんの件ですが、4回3失点75球での降板や最速が138km/hの内容からしますと「復帰まではまだまだだな」と捉えました。初回にいきなり失点するのはちょっとね…

いろいろな見方があると思いますが、私はもう少し長い目で観ようかなと。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年7月17日 (水) 23時37分

こんばんわ

>>昨日の一軍先発は大谷翔平のアクシデントで急遽代役を立てなければならず、消去法で選んだとしか思えなかった

そういえば大谷の代役の先発を考えていた時に一人忘れてましたが多田野もいたなあと後から思いました。ケッペルが好投したのでケッペルで結果的に大正解でしたけどね。

本題の斎藤ですがまずは投げられるようになっただけで春先に比べれば良かったかなと思います。実績は全く違いますし、比較対象としてはどうかと思いますがソフトバンクの斉藤和巳のようなこともちょっと考えてましたので。ケッペルのように2ヵ月後に1軍で登板しているかどうかはその時になってみないとわからないですけどね。

>>ジャイアンツでは大田は二試合連続本塁打。14試合連続安打となった。大田は本塁打のあと、七回にもライト前にタイムリーを放った。

大田は中井の活躍が刺激になってくれれば良いのですが。一部では通産安打数が大谷に抜かれ、通産本塁打が大谷と並ばれるなんて言われてましたから頑張ってほしいところです。もちろん大谷と比べるなら両球団のファンとしては高いレベルで競ってほしいですけどね。

>>最終形がどうなるか心配していたが、完璧な防球ネットが設けられた。隣のパラソルシートも涼しそうだ。

写真で見ると防護ネットがわかりやすいですね。これなら安全ですね。
そして大人はむしろプールよりも水も近く日陰というロケーションの隣のパラソルシートの方が利用しやすそうですね。

投稿: シュボ | 2013年7月17日 (水) 00時32分

昨日はお疲れ様でした。


1年ぶりに鎌ヶ谷スタジアムへ行きましたが球場の変わり様に驚きました。


ジャイアンツファンの私としては素直にジャイアンツ勝ち試合を観れて嬉しいです。橋本と大田のホームランが観れましたからね。


佑ちゃんの件ですが、4回3失点75球での降板や最速が138km/hの内容からしますと「復帰まではまだまだだな」と捉えました。初回にいきなり失点するのはちょっとね…


投稿: HARA88 | 2013年7月16日 (火) 23時07分

名無しさま、コメントをありがとうございます。

> はぇー、スッゴいハムババア臭い記事・・・。

ハンドルネームを書かない方に往々にしてありがちですが、いきなり凄い物言いですね<苦笑>。

まあ先日、ちょっと佑ちゃんを茶化すような書き方をしたら(茶化したと言うほどのことでもないのに)ファンの人から抗議されました。

お二人のコメントを総合すると、良くも悪くもそれだけやはり注目度の高い投手と言うことですね。

> ケッペル 防御率6.23
ハンカチ 防御率8.31

> 斎藤の方が酷いね、ずっと。
そもそも14勝したことがあるケッペルとなんの実績もない斎藤では一軍適正が違いすぎるから一緒にしちゃダメだね。

それはそうなのですが、この世界、一度故障をすると、過去の実績(顔)で投げられるとは限らないですからね。

エントリーでも同等の故障ではないと但し書きを入れましたが、復帰までの段取りというか、まだまだ時間がかかりそうだという意味でケッペルと比較してみました。

> 第一吉川武田木佐貫ウルフ谷元ケッペル大谷と腐るほど先発がいるのに、こんなのどこで投げさせるの?

みんな揃って好調とは限らないですからね。

実際、14日のケッペルも結果的には勝利投手になりましたが、登板はバクチだったと思いますよ。失礼な言い方になるかもしれませんが消去法でケッペルになったのではと…。

でも一部報道によると、14日のケッペルでなく15日の武田勝が大谷負傷の代役という見方があるのには驚きました。

大谷は二刀流を続ける以上、野手として出場しているときに故障する確率が、先発投手専任で、その日以外はベンチにも入らない他の投手より高いです。

中村勝を含め、予備の先発投手は必要で、二年間で11勝した投手の可能性を追求するのは不思議なことではないと思います。

> 人気も一部の熱心なババア以外にはもうないけど、まあキャスターにでもなるのが一番かな。

あなたの好き嫌いはあなたの自由ですが、“熱心なババア以外”からも昨日は大きな声援を受けていましたよ。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年7月16日 (火) 22時08分

はぇー、スッゴいハムババア臭い記事・・・。

ケッペル 防御率6.23
ハンカチ 防御率8.31

斎藤の方が酷いね、ずっと。
そもそも14勝したことがあるケッペルとなんの実績もない斎藤では一軍適正が違いすぎるから一緒にしちゃダメだね。
それに斎藤は去年全投手のなかでRSAA・RSWINが最下位だった、つまり去年最もチームの足を引っ張った男なんだから居ない方がチームにとっていいに決まってるでしょ。
第一吉川武田木佐貫ウルフ谷元ケッペル大谷と腐るほど先発がいるのに、こんなのどこで投げさせるの?

去年の成績も底辺だったけど、球が変わって故障やらかして当然あれよりひどくなると考えたら、選手としてはもう終わったも同然。
人気も一部の熱心なババア以外にはもうないけど、まあキャスターにでもなるのが一番かな。

投稿: | 2013年7月16日 (火) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/52466074

この記事へのトラックバック一覧です: 斎藤佑樹、四回途中75球降板!斎藤佑樹はケッペルに続くか!?:

« 桐光学園・松井裕樹を観てきた! | トップページ | やっぱりオールスターゲームは楽しい! »