« ファイターズ後楽園球場時代のV戦士、柏原純一が打撃コーチに就任 | トップページ | ポスティングシステムは田中将大のために結ばれなければならないのか? »

2013年11月15日 (金)

鶴岡慎也よお前もか!~何故みんなファイターズから出て行きたがるのか!?

Adsc_0129_2
14
日に今オフのフリーエージェントが公示され、今日15日から所属球団を含む各球団との交渉が解禁になった。ファイターズでは鶴岡慎也小谷野栄一が初めて国内FA権を獲得して動向が注目されていたが、鶴岡がFA権を行使した。移籍を前提としてのFA宣言と見られている。

 

鶴岡はもはやファイターズでは少なくなった、2006年の日本一を経験する戦士の一人。北海道に移転してからのファイターズは一部からは常勝球団とまで持ち上げられるほどの快進撃の歴史である一方、選手流出の歴史とも言える。

 

鶴岡慎也よお前もか…


(写真:ファイターズからFA宣言をした鶴岡慎也。 2013年3月撮影)



マスコミ報道では鶴岡慎也に興味を示すのはタイガースとホークスとの見方があったが、解禁初日にしてタイガースが諦めて撤退の方向性を示したようで、事実上ホークスの一本釣りとなる様だ。ファイターズの北海道移転後、フリーエージェントによる移籍となると、鶴岡で七人目となる。


Cdsc_01
北海道移転後、ファイターズから国内FA移籍をしたのは小笠原道大、藤井秀悟、森本稀哲の三選手
Cdsc_0110
海外FA移籍を果たしたのは岡島秀樹、建山義紀、田中賢介
の三選手。


FA移籍による流出が国内外合計で六選手というのは同じ期間ではライオンズと並び十二球団最多。このオフ、ファイターズからFA宣言しているのが鶴岡ひとりなのに対し、ライオンズからは涌井秀章、片岡易之とふたりいるので移籍が成立すればライオンズが最多となるが、ファイターズが多いのは確か。


成功したと言われる地域密着。ファンサービスファーストのチームポリシー。成績も継続的に上位安定と、傍目には特に問題のない球団と思われるファイターズから続々と移籍を希望する選手が出るのは何故だろうか?年俸面も活躍した選手にはそれなりの評価をしているように思えるが…。しかも出ていく選手が多い一方で、獲得したFA移籍選手はいまだに稲葉篤紀ただひとり。

ジャイアンツの様に新しいFA選手を獲得した結果、過去にFAで獲得した選手が人的補償で流出するというように回転が激しいのではない。ファイターズから出ていった上記六選手で、ファイターズ内部でのポジションが危なかったのはせいぜい森本くらいだろう。安住しようと思えば安住出来た選手ばかりだ。

これに加え、今年1月にトレードでファイターズを離れた糸井嘉男も通説では近い将来のポスティングシステム利用が避けきれない状況だったために球団が先手を打って交換トレードに出たとされている。昨年までのポスティングシステムは球団に拒否権があるが、ファイターズは原則容認の姿勢で、これまでに入来祐作ダルビッシュ有がポスティングシステムを利用している。
Cdsc_01_2



つまり、去る者は追わずといった姿勢があり、流出した選手の穴は、FA補強で埋めるのでなく、ファームから、即ち内部から育成してまかなおうという考え方で、最も流出の影響が大きいと思われたダルビッシュの穴を翌年に関しては吉川光夫の一本立ちで埋めたのが典型例。今回はいち早くジャイアンツとの間で捕手の市川友也の金銭トレードでの獲得をまとめた。


前述したようにFA権は選手が勝ち取った権利であるが、選手単位で応援している人はともかく、基本的にチームを応援しているファンにとっては選手が去っていくというのは、もちろん背中を押してあげたいという心情もあるだろうが寂しいものであろう。ましてや球団が去る者は追わずどころか、人気選手のトレードを画策する。ファイターズの観客動員が、最下位に落ちた今年が前年割れなのはともかく、優勝した2012年も前年割れだった事実を考えると、こうした選手気質、チーム体質に対してファンの愛着心が弱まってしまっているのではないかとも推察出来る。


球団はFA移籍を考えている選手を慰留することで条件闘争によるマネーゲーム=年俸の高騰を避ける方針なのかもしれないが、球団の編成上、どうしても流出を避けたい選手には特例的な条件を出してでも慰留すべきではないのか?代替えの利く選手と利かない選手がいるだろう。選手を一律に平等に扱う必要は無い。必要な選手と、そうでもない選手を分けても構わないと敗戦処理。は思う。

このオフFA権を行使してファイターズを出ていこうとしている鶴岡は、ファイターズが北海道に移転後初の優勝となった2006年に正捕手の座をつかみ、ファイターズの栄光とともに歩んできたある意味生き証人だ。チームの頭脳と言われる捕手の流出は単なるひとりの戦力の流出にとどまらない様々なマイナス面があろう。ファンの中にはこんな時のために大野奨太を我慢して使ってきたのではないかという見方をする人もあろうが、鶴岡、大野というある程度レベルの拮抗した二人の正捕手級の捕手がいるからチームが安定した成績を残してきたとも言えよう。

チームとしては例えばジャイアンツの阿部慎之助やかつてのホークスの城島健司のような不動の正捕手がどっしりと構えて一枚看板でチームをまとめるか、さもなければ鶴岡と大野のようなレベルの拮抗した二枚看板の併用のどちらかが理想型だろう。ただし選手の側から見れば前者の場合、第二捕手、ましてや第三捕手はほとんど出場機会に恵まれず、後者の場合は二人とも不完全燃焼の思いを抱きかねない。FA権を取得すれば行動に出るというのは球団も考えなければなるまい。ジャイアンツも實松一成2012年オフに2013年からの三年契約を結んだが、2011年終了時点で鶴岡一成がFA権を行使して古巣のベイスターズに復帰していた。

しかも、タイガースが撤退したということは鶴岡の移籍先は同一リーグのホークスになる可能性が高い。これがファイターズにとっては鶴岡慎也というひとりの選手が抜けるマイナスだけを意味するのではないことは容易に想像出来よう。

度も同じ引用を繰り返して申し訳ないが、拙blog107日付エントリー【裏読み!?】「4522敗の記憶」~人の振り見て我が振り直せ!? で引用させていただいた4522敗の記憶」(村瀬秀信著・双葉社刊)1998年の日本一の後、ベイスターズ球団の長期低迷が続いている一因にV戦士達の流出を挙げているが、中でも痛いのが正捕手谷繁元信の流出。
Cdsc_0026
谷繁はFA移籍で同一リーグのドラゴンズに入団した。谷繁を獲得したドラゴンズは元々平均して上位に定着する地力を持っていたが、谷繁が加わり、落合博満が監督になることでさらに安定感を増した。谷繁が加わった
2002年から昨年まで11年連続でAクラスに定着し、その間に5回のリーグ優勝を達成した。

対照的にベイスターズは谷繁が抜けた途端にその前年まで続いていた5年連続Aクラスが止まり、以後
12年間でAクラスは一度だけ。今年ようやく最下位から脱出したものの9年間も最下位となった。
Cdsc_0170
そして谷繁だけでなく、谷繁流出後、ようやく一本立ちした相川亮二もFAで同一リーグのスワローズに移籍した。


ファイターズファンの中には半ば自虐的に、主力選手の流出に関しては慣れっこというか達観している向きも少なくないと思う。だがしかし、鶴岡の流出は単なるマイナス1にとどまらない可能性、いや危険性が多分にあると思わざるを得ない。ファイターズ球団と鶴岡の間での水面下の交渉では慰留もあったと思うが、残念ながら鶴岡の決意を翻す程のものでは無かったのだろう。球団に従順なファンは「それがファイターズ」と今回も肯定するだろうが、微力とはいえ敗戦処理。は大きな危機の分岐点だと思うので取り上げたい。


フリーエージェントは選手が実績を積み重ねてご褒美のように得る権利。行使することを力ずくで止められないことは百も承知。だが、ある期間を取り上げて十二球団で最も流出する人数が多いということは何かそれだけの原因があるのだろう。それが何かは一ファンの敗戦処理。にはわからない。

ファイターズは今季で北海道に移転して十年のシーズンを終えた。東京時代から見ているファイターズファンの敗戦処理。にとってはこの十年間で四回も優勝するなど望外の結果を残した。だが、次の十年も同等以上の成果をファンに提供するためには球団も今までと同じではダメだと思う。今季、一軍も二軍も最下位に低迷したことは野球の神様からの警鐘かもしれない。今から鶴岡の流出を防ぐ事は難しいだろうが、これが最後になって欲しい、少なくとも毎年のように思い入れが深い誰かが去っていくのは勘弁して欲しいと切望する。

|

« ファイターズ後楽園球場時代のV戦士、柏原純一が打撃コーチに就任 | トップページ | ポスティングシステムは田中将大のために結ばれなければならないのか? »

コメント

チェンジアップ様、コメントをありがとうございます。

> こんばんは。ただ、両球団を弁護するなら、近年は、選手の年俸の高騰が、球団経営を圧迫してるというのはありますね。
西武と日本ハムは他所より苦しいのかも知れません。広島や横浜と違って、Aクラス、優勝とかあるから、年俸が上がりやすい。

チーム成績に比例して観客動員を柱とする球団の収入も増えれば問題ないのでしょうが、優勝しても観客動員が減るなんてことが起きるから収支が合わなくなるのでしょう。

その原因に、選手に対してドライに接することに徹しているとファンに思われているとしたらファイターズは自業自得ですね…。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月26日 (火) 00時34分

こんばんは。ただ、両球団を弁護するなら、近年は、選手の年俸の高騰が、球団経営を圧迫してるというのはありますね。
西武と日本ハムは他所より苦しいのかも知れません。広島や横浜と違って、Aクラス、優勝とかあるから、年俸が上がりやすい。

 西武や日本ハムもホントは「読売ぐらい資金があったら、こんなことはしないのに・・・」という可能性もあるかも?と。

投稿: チェンジアップ | 2013年11月25日 (月) 20時40分

チェンジアップ様、コメントをありがとうございます。

> こういう選手の移籍ってのは、アメリカだとファンも普通に受け入れるというかあっちの人はドライなんでしょうね。
 日本ハムと西武のやり方は日本人には、あまりマッチしないでしょう。

主に日本人(のファン)を相手にビジネスしているんですよね、両球団とも。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月24日 (日) 22時36分

こんにちは。敗戦処理さんが危惧されるファン離れですが・・。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131124-00000527-sanspo-base
ファン感謝デーを欠席した鶴岡。
ヤフコメを読むと賛否両論ですが。

ファン感で思い出すのは、昔、古田の嫁がフジのアナ時代に当時あったパロ野球ニュース内で、「ファン感謝デーって、なんかおざなりですよね」という一言。

私自身は、必要性を特に感じないんですけどね、ファン感謝デー。
実際、観に行って楽しんでるファンが居るから、全否定は出来ないですけど。

 こういう選手の移籍ってのは、アメリカだとファンも普通に受け入れるというかあっちの人はドライなんでしょうね。
 日本ハムと西武のやり方は日本人には、あまりマッチしないでしょう。

投稿: チェンジアップ | 2013年11月24日 (日) 13時06分

チェンジアップ様、コメントをありがとうございます。

> なので、日本ハムは、スター選手流出によるファン離れの対策として、ドラフトでその年の目玉を指名獲得することで、集客を上げようとしてるのではないか?と思ったり。

「行きたくなったら大リーグに行かせてあげるよ~」を売りに新しいスター候補を獲得しようというのはあるかもしれませんね。

ただ、ドラフトでまず交渉権を獲得出来るかどうかわからない未来の金の卵に期待をかけるなら、既に実績のある選手を上手く丸め込んでチームに残ってもらって何年も戦力になってもらう方が得ではないかという見方もあるはずです。

北海道に行けば、東京ドームより格安の使用料の札幌ドームを使えるから経費節減とか言っていたのに、今や札幌ドームとの条件闘争。

チームは東京時代とは比べものにならないほどに成績が安定しているのに、今年はともかく、優勝した昨年でさえ観客動員数が前年割れ。

これはファイターズのフロントに何かほころびがあると思うのですよ。出ていく選手が多いのも何かがある。

「4522敗の記憶」を見ればベイスターズが転落していく過程を想像出来ますが、ファイターズにもきっと何かがあるのではないか?

まーくさんは今年の鶴岡よりかつての片岡や小笠原の方が許せないと書いておられましたが、出ていったことには変わりありません。

ついでに言えばSHINJOも自分の意思でファイターズを辞めたことには変わりありません。

中村GMみたいに山田GMに鶴岡に謝罪しろとは言いません。栗山監督の「俺が悪い」はもう聞きたくありません。

何かを変えないと、このチームは東京時代のようなチームに変わってしまうような気がしてなりません。

今度ファン離れを起こしたら、もう手はないですよ。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月23日 (土) 23時02分

こんばんは。
>経済的合理性と、ファンを魅了して球団に金を落とさせることが出来るかは別の問題です。

ええ、その通りなんですけどね。これについては、日本ハムや西武がそう考えてるのではないか?という推測です。

 昔、阪神が「優勝したら、選手の年俸を上げないといけないから、あまり儲からない」というので、二位狙いを目指してたというのがあるんですけど、それに近い考えを日本ハムと西武は抱いてるかも?ということ。

 昔、全日本女子プロレスでは25歳定年制とか。女子アナがフジだったかな?30歳定年制とか。先述の東スポでも、西武は30歳定年制?みたいに書いてましたけどね・・・。

 なので、日本ハムは、スター選手流出によるファン離れの対策として、ドラフトでその年の目玉を指名獲得することで、集客を上げようとしてるのではないか?と思ったり。

 いずれにせよ、私が西武や日本ハムの選手なら、FA取得次第、早々に移籍することを考えますよ。少しでも若いうちに、移籍して移籍先で、磐石の地位を築くことが自身の将来に対しては、最も有効かな?と思ったり。
 ファン云々と言われても、ユニフォームを脱ぐ羽目になったら、ファンもなにもないですしね。

 非があるとするなら、選手ではなく球団でしょう、この件は。そういう人生設計をせざるを得ない状況になってるわけですから。
 ちょっと違うかも?ですが、キューバの若いアスリートは野球に限らず、亡命したりしますし。

投稿: チェンジアップ | 2013年11月23日 (土) 21時39分

チェンジアップ様、コメントをありがとうございます。

> 最も多いのが西武でそれに日本ハムが続くという形。
 どっちの球団も世代交代を早く進めるから、と指摘がありました。

私もライオンズとファイターズからFA宣言する選手が多いという視点での記事をいくつか目にしました。

選手が出て行ってしまうから循環を良くする指導、育成に余念がないのか、それとも循環を良くするために選手が出ていきたくなるように仕向けているのではないか?

拙blogにコメントを下さる、“鶴岡移籍やむなし”と考えている方のご意見を読むと、残念ながらファイターズに関しては後者で、栗山監督が鶴岡より大野に比重を置き始めたと。

> ちょっとでも年俸が高くなったら、追い出して?年俸の低い若手にするのが、経済的には合理的と。

経済的合理性と、ファンを魅了して球団に金を落とさせることが出来るかは別の問題です。

ファンはとにかく球団が勝ちさえすればそれで満足なのか?

もちろん勝てば満足するでしょうが、勝つか負けるかは選手達のプレーの集大成です。

それを構成する選手が次々と入れ替わるようではファンの球団への思い入れは低くなるかもしれません。

球場まで行って(球団に直接お金を落として)応援していた人が、テレビ観戦で(それでも間接的に金を落としていますが)済ませるようになり、結果的に球団の台所事情が厳しくなる。

そうなると余計に選手に対し…

完全に悪循環ですね。

そう考えるとファイターズより二十年も長く、常時優勝争いが出来る球団であり続けているライオンズはすごいですね。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月23日 (土) 13時10分

おはようです。この記事にも一部書かれてますが、22日付けの東スポだと西武のFA流出は11人で最多。これで片岡、涌井が出て行ったら、13人になるとありますね。
最も多いのが西武でそれに日本ハムが続くという形。
 どっちの球団も世代交代を早く進めるから、と指摘がありました。
 ちょっとでも年俸が高くなったら、追い出して?年俸の低い若手にするのが、経済的には合理的と。
 さらに西武では、根本イズムがなくなり選手を最後まで面倒見るというのがなくなったから、出て行くというのもあるようです。日本ハムはどうか知りませんが・・・。

投稿: チェンジアップ | 2013年11月23日 (土) 05時05分

まーく様、コメントをありがとうございます。

> 私としては今回のFAは比較的冷静にとらえています。
糸井の台頭でひちょりが出って行った時と似ています。
高打率をキープしていても(盗塁阻止率は低かったが)出番が激減してしまった今季。

鶴岡と大野の捕手としての出場試合数は2011年に大野が逆転しましたが2012年は鶴岡116試合、大野67試合、今年が鶴岡110試合、大野84試合と言われる程鶴岡の起用は減っていません。

ただ細かく調べていませんが、大野がスタメンマスクをかぶる試合が増えても、武田久で逃げ切る時に鶴岡がマスクをかぶる。大野がスタメンマスクをかぶっても大野の打席で代打を送ればその後に鶴岡がマスクをかぶるので、鶴岡の出場試合数が減らないということかもしれません。
(鶴岡は昨年に比べて捕手としての出場試合数は6試合しか減っていないが刺殺数は608から456と約25%減っている。したがってイニング数が少ない!?)

> 来季も首脳陣はそのままとなると移籍するなら今しかありえない状況だと思います。
ファイターズとしては痛いけれど鶴岡サイドに立てば正解だと思えます。

選手のサイドに立てばFAは勝ち取った権利なので使うのは自由ですが、使われてばかりの球団はどうなの?というのがこのエントリーで言いたいことです。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月21日 (木) 23時30分

私としては今回のFAは比較的冷静にとらえています。
糸井の台頭でひちょりが出って行った時と似ています。
高打率をキープしていても(盗塁阻止率は低かったが)出番が激減してしまった今季。近藤も力をつけてきている状況。来季も首脳陣はそのままとなると移籍するなら今しかありえない状況だと思います。
ファイターズとしては痛いけれど鶴岡サイドに立てば正解だと思えます。
それに比較すると中心選手だった片岡、小笠原は裏切られた感が強いです。
藤井も同じだけど在籍期間が短かったし。
メジャー組はスポーツ選手なら高いレベルを目指すのは仕方ないし応援してます。

投稿: まーく | 2013年11月21日 (木) 21時04分

まるた様、コメントをありがとうございます。

> 私も鶴岡ファンです。定評のある鉄壁のブロックに加えて今年は代打(を出されるのではなく)にまで起用される打撃の好調っぷり、しかも鶴岡は最初からスターではなく年々実力も人望も上がってきた選手です。こういう選手こそ引退後もスタッフとして有用なのに、ファイターズは真剣に遺留すべきであると思います。

そうですよね。エリートというか、最初から幹部候補生的にチームからみなされる選手もいるのでしょうが、鶴岡のような選手も大切にして欲しいですよね。

> 最後に、マスコミの鶴岡の扱いが不満です。鶴岡が後半出場機会が減ったのは若手のことばかりではありません。ヘッドスライディングで負った怪我が主な原因だと思います。

東京ドームで一塁にヘッドスライディングした件ですかね…。

栗山監督としては鶴岡と大野を出来るだけ同じ水準にしたかったのかなと個人的には見ています。

もともと故障のリスクの多いポジションですし、一人と心中するのはリスクが大きいと思います。普通はそれがわかっていても監督は一人に頼り切る傾向があるものですが、栗山監督は幸いにしてレベルの近い二人と出会えたので、二人で一シーズンを乗り切ろうと考えたのだと思います。

まあしかし、いずれにしても球団の“去る者は追わず”の徹底ぶりはどうにかならないものなのでしょうか!?

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月21日 (木) 00時34分

私も鶴岡ファンです。定評のある鉄壁のブロックに加えて今年は代打(を出されるのではなく)にまで起用される打撃の好調っぷり、しかも鶴岡は最初からスターではなく年々実力も人望も上がってきた選手です。こういう選手こそ引退後もスタッフとして有用なのに、ファイターズは真剣に遺留すべきであると思います。
梨田に舐められたあたりからか、鶴岡の待遇は実力に見合うものではなかったと思います。それなら鶴岡には、いっそ新天地で大活躍してほしいです。
最後に、マスコミの鶴岡の扱いが不満です。鶴岡が後半出場機会が減ったのは若手のことばかりではありません。ヘッドスライディングで負った怪我が主な原因だと思います。

投稿: まるた | 2013年11月20日 (水) 19時44分

ナターシャ様、コメントをありがとうございます。

> 今年は後半出番が少なくその状態が続くなら他球団で活躍してくれた方がいいのかな?という思いもありました。

基本は先発投手によって大野と使い分けていた印象でしたね。エントリーでも触れましたがチームとしてはジャイアンツの阿部のような不動の一枚看板か、そうでなければ実力が拮抗した甲乙付けがたい捕手がいるのがベストだと思います。

でも当の選手本人にとっては、もっと俺の出番を増やして欲しいというのはあるでしょうね。

> でもいざパリーグに移籍してしまったらハムの情報が全て持っていかれそうで、、、
複雑な気分です。

ホークスは細川で味をしめたのかもしれませんね。

> チームのムードもどう変わるのか気がかりです。

来年の東京ドームのシーズンシートの案内の挨拶状が社長と選手会長の鶴岡の名前で送られてきてしんみりしています。

何とか残って欲しかったですが、無理なようですね。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月19日 (火) 23時57分

鶴岡選手の持つ雰囲気が好きでした。
私くらいの年齢でファンは多いと思います。
今年は後半出番が少なくその状態が続くなら他球団で活躍してくれた方がいいのかな?という思いもありました。
でもいざパリーグに移籍してしまったらハムの情報が全て持っていかれそうで、、、
複雑な気分です。
チームのムードもどう変わるのか気がかりです。

投稿: ナターシャ | 2013年11月19日 (火) 08時47分

シュボ様、コメントをありがとうございます。

> いえいえ、区別するという事はないです。
実際、その二人も愛されてますし。
ただ、札幌移転後入団の活躍した選手でファイターズで引退できそうなのがこのままだと武田勝位なので

なるほどわかりました。

あとはちょっと意味が違いますが稲葉ですね。

私は数年前から「武田久、金子誠、稲葉の後継者をしっかり育てろ。そしてこの三選手はファイターズで引退させなければならない。」と主張しています。

選手流動の時代に難しいとは思いますが、“伝統”を作り、継承していく必要性を感じます。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月17日 (日) 09時19分

こんばんわ

>>うーん。武田久や小谷野のように、入団したのは東京時代でも活躍したのは北海道移転後という選手達とはやっぱり区別されてしまうのですか?

いえいえ、区別するという事はないです。
実際、その二人も愛されてますし。
ただ、札幌移転後入団の活躍した選手でファイターズで引退できそうなのがこのままだと武田勝位なので移転後の戦略としての言葉は悪いですが異端が垣間見えるので例えとして出しました。

投稿: シュボ | 2013年11月17日 (日) 00時05分

チェンジアップ様、コメントをありがとうございます。

> セリーグだと広島カープがこんな感じですかね。出て行く一方。

失礼ながら、カープの場合、比較的給料が安い。自分ひとりが頑張ってもチーム成績に結びつかない、あるいは堀治喜氏の著書に書かれているように、球団にそもそも優勝しようという気が無いとしたら、流出するのも致し方ないかなとも思えますが、ファイターズはどうなのでしょうか?

これからはそういう目でファイターズを見る人が増えるかもしれませんね。

もっともファイターズファンも、これまで選手が流出しても何とかなってきていたので、慣れっこになっている傾向があるかもしれません。鶴岡の流出は今までの選手とは趣が異なると私は思いますが、考えすぎでしょうか…。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月17日 (日) 00時01分

シュボ様、コメントをありがとうございます。

> ダルビッシュのようにメジャーへ、小笠原のようにセリーグへではなく、捕手が同リーグのチームへ移籍するのは確かにマイナス面が大きいですよね・・・。

少なくとも私にはそう思えます。

> 北海道移籍後に入団し、活躍した生え抜き選手でファイターズで引退セレモニーが出来そうな気がするのがいまのところ、武田勝しか思いつきません・・・ 

うーん。武田久や小谷野のように、入団したのは東京時代でも活躍したのは北海道移転後という選手達とはやっぱり区別されてしまうのですか?

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月16日 (土) 23時50分

えふひとすじ様、コメントをありがとうございます。

> 「それが」ファイターズではなく、せめて「それも」ファイターズと思いたいですね。

なるほど、確かにそうですね。

> 鶴岡に限って言えば、はじめにガチャピンと結びつけたファン、どなたか知りませんがどういう思いをされているんでしょう、北海道の暖かいファンであることは間違いないです。

寂しがっているでしょうね。お察しします。

投稿: 敗戦処理。 | 2013年11月16日 (土) 23時46分

こんばんは。セリーグだと広島カープがこんな感じですかね。出て行く一方。

投稿: チェンジアップ | 2013年11月16日 (土) 21時37分

こんばんわ

>>これがファイターズにとっては鶴岡慎也というひとりの選手が抜けるマイナスだけを意味するのではないことは容易に想像出来よう。

ダルビッシュのようにメジャーへ、小笠原のようにセリーグへではなく、捕手が同リーグのチームへ移籍するのは確かにマイナス面が大きいですよね・・・。

>>これが最後になって欲しい、少なくとも毎年のように思い入れが深い誰かが去っていくのは勘弁して欲しいと切望する。

仰る通りですね。北海道移籍後に入団し、活躍した生え抜き選手でファイターズで引退セレモニーが出来そうな気がするのがいまのところ、武田勝しか思いつきません・・・ 武田勝にはこれからも長く活躍してもらった上で札幌ドームで引退セレモニーが見たいものです。

投稿: シュボ | 2013年11月16日 (土) 20時46分

おはようございます。
「それが」ファイターズではなく、せめて「それも」ファイターズと思いたいですね。
それと最後の行、思い入れが深い・・には共感します。
鶴岡に限って言えば、はじめにガチャピンと結びつけたファン、どなたか知りませんがどういう思いをされているんでしょう、北海道の暖かいファンであることは間違いないです。

投稿: えふひとすじ | 2013年11月16日 (土) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/53947393

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡慎也よお前もか!~何故みんなファイターズから出て行きたがるのか!?:

« ファイターズ後楽園球場時代のV戦士、柏原純一が打撃コーチに就任 | トップページ | ポスティングシステムは田中将大のために結ばれなければならないのか? »