« ファイターズのブランドン・レアード、あのドン・ジマーらと並ぶ球団史上歴代最多記録達成! | トップページ | 【2015年セ・リーグ公式戦の怪】史上最弱チームの優勝!?史上最弱チームの日本シリーズ出場!? »

2015年6月13日 (土)

2014年のパ・リーグ優勝は本当はオリックス・バファローズだった!?-あの合併騒動勃発の日からちょうど11年後の日に書くとんでもない話。

Adsc_0181_2
昨年のパ・リーグの優勝チームは福岡ソフトバンクホークスではなくて、オリックス・バファローズだった
!?



「何をバカなことを言ってるんだ!?


そう。間違いなく昨年のパ・リーグの優勝チームはホークスだ。シーズンの終盤にもたつき、バファローズの猛追を受けたが、78606引き分け、勝率.565でホークスが優勝した。2位のバファローズとは勝率で2厘差だった。


でも、本当はバファローズが優勝だった!? 昨日(6月12日)の、バファローズとは直接関係のない試合を観て妄想したのである。



昨日のファイターズの“サヨナラ暴投勝ち”のシーン。三塁走者が生還した時点でサヨナラ勝ちが成立しているが、この投球によって打者の西川遙輝は四球になったので便宜上、西川は一塁まで行き、一塁ベースを踏んだ。それで思い出したのが昨年の“サヨナラ振り逃げ”のシーン201456日のホークス対ファイターズ戦、11の同点で迎えた九回裏、一死二、三塁で松田宣浩三振の投球を捕手が大きく逸らし、三塁走者がサヨナラのホームイン。翌日のスポーツ紙等は「サヨナラ振り逃げ」と表現していたが、松田は走者の生還を打席近くで見ていて走っていない。あれもサヨナラ暴投ではないのか?



というどうでもいい疑問を去年野球殿堂博物館で行われた公式記録員さんのトークショーで質問したが明快な回答を得られなかった。


あらためて一年前の“サヨナラ振り逃げ”のシーンを見てみよう。

劇的幕切れ!ホークス 松田宣浩 サヨナラ振り逃げ!の打席

松田はサヨナラの走者を打席近くで見ていて、自分は一塁に走り出していない。そしてこの映像を見る限りでは、歓喜の輪が解けると、ホークスナインは一本間に整列してスタンドのファンに挨拶をしている。



一死二、三塁だから振り逃げは成立する。ただし一死だから、打者走者の松田が一塁に達する前にアウトになってもまだ二死なので、ホームインが無効になることは無い(もしもこれが二死二、三塁だったら先に走者が生還しても、打者走者の松田が一塁に達しないと、ホームインは認められない)。したがってこのシーンでの松田は一塁に走ろうが走るまいが関係ない。と思われる。


だが、昨日のファイターズ。GAORAの映像を見るとサヨナラ暴投の後、西川はわざわざ一塁まで行って、一塁ベースを踏んでいる。

2015.06.12 日ハムVS横浜 国吉サヨナラ暴投

スコアブックを付けて観戦する方はご存じだろうが、打者(またはその代打、あるいは代走)はアウトになるか、得点するか、残塁するかのいずれかである。スコアシートの打撃記入欄の中央にアウトを示すⅠ、Ⅱ、Ⅲのいずれかか、得点を示す○か、残塁を示すl(Lの小文字)が記入されるはずである。



昨年の松田と昨日の西川は、三振と四球という違いかこそあれど、打席の途中ではなく、打席を終える一球でサヨナラ勝ちに至るプレーが起きているから、昨年の松田も昨日の西川のように一塁ベースを踏まなければならなかったのではないか?


そうであれば、昨年の“サヨナラ振り逃げ”は成立していないということで、敗れたファイターズは今からでも提訴試合にすべきだ。


これは、敗戦処理。が、ファイターズファンだから腹いせで書いているのではない。


ホークスからこの一勝が消えることは大きな意義がある。


あのサヨナラを無効として、直前の投球の前でコールドゲームにして引き分けだとすると、ホークスの最終的なシーズン成績は78606引き分けから77607引き分けに代わり、勝率は.565から.562に下がる。バファローズの最終成績は80622引き分けで勝率は.563。バファローズが優勝という結果になるのだ!


バファローズが昨年“優勝”していたら、たとえ仮にクライマックスシリーズで敗れようと、あるいは日本シリーズに敗れようと、球団の親会社、オリックスの前身のオリエント・リース創業50周年の節目の年に優勝するという宮内義彦オーナーの悲願が達成されたことになる。


そうなっていれば、仮に現実の今季のような成績不振に陥っても森脇浩司監督が休養という事態には至らなかっただろう。


もちろん、今から2014年のリーグ優勝が覆ることはない。そもそも松田に一塁ベースを踏む義務があるのかも判然としない。しかし敗戦処理。は今でも昨年の“サヨナラ振り逃げ”という扱いには納得していない。松田は振り逃げしていない。あの一球の公式記録は「三振と(増井浩俊の)暴投」であるから昨日の国吉裕樹と同様、増井の“サヨナラ暴投”とするのが正しいはずだ。


これはあくまで、ひょっとしたらの話だが、昨日の“サヨナラ暴投”のシーンのVTRを観ると、ホームインした谷口雄也の周りにファイターズナインが寄ってきてはしゃごうとするのを笠原昌春球審が制し、西川に一塁に行くように促している。昨年の松田の教訓を活かし、正式な試合終了をさせようとしたのではないか<笑>!?


そんなことを考えた、あの合併騒動勃発の日のちょうど11年後の夜だった。



【参考エントリー】
blog2014629日付嵐のコンサートで盛り上がった週末の東京ドームの片隅で~野球殿堂博物館で審判員と公式記録員に関するトークイベントを連日開催

|

« ファイターズのブランドン・レアード、あのドン・ジマーらと並ぶ球団史上歴代最多記録達成! | トップページ | 【2015年セ・リーグ公式戦の怪】史上最弱チームの優勝!?史上最弱チームの日本シリーズ出場!? »

コメント

むずかしいけど様、コメントをありがとうございます。

> 振り逃げが出来る状況になったとき、バッターランナーがアウトになる前に、三塁走者がサヨナラの得点となるホームベースを踏んだため、その時点で試合終了となって、バッターランナーがアウトになろうがなるまいが関係ないのでは。

私も最初はそう思ったのですが、記録上は松田は振り逃げ(三振と暴投)になっていて、一塁に残塁したことになっているのです。だから「サヨナラ振り逃げ」は間違いではないのです。

打撃を終えた選手はアウトになるか、得点するか、残塁するかのいずれかになるはずなので、松田の場合はみなしで売り逃げと記録したのだと思います。

> このシーンですが、便宜上でもなんでもないです。
 なぜなら、三塁走者がホームインした時点ではサヨナラが確定していないからです。
 フォアボールの場合、インプレーのままバッターに安全進塁権が1つ与えられます。
 この暴投フォアボールの前の時点ですでに2アウトなので、フォアボールになったバッターは1塁に進塁しないでいると、審判はバッターにアウトを宣告することになります。

そのことを私は「便宜上」と書いてしまいましたが、これは表現がまずかったですね。西川には一塁ベースに達する義務がありますね。ご指摘の通りです。

投稿: 敗戦処理。 | 2015年6月23日 (火) 00時50分

追記2
ついでに言えば、
>昨日のファイターズの“サヨナラ暴投勝”のシーン。三塁走者が生還した時点でサヨナラ勝ちが成立しているが、この投球によって打者の西川遙輝は四球になったので便宜上、西川は一塁まで行き、一塁ベースを踏んだ。
 このシーンですが、便宜上でもなんでもないです。
 なぜなら、三塁走者がホームインした時点ではサヨナラが確定していないからです。
 フォアボールの場合、インプレーのままバッターに安全進塁権が1つ与えられます。
 この暴投フォアボールの前の時点ですでに2アウトなので、フォアボールになったバッターは1塁に進塁しないでいると、審判はバッターにアウトを宣告することになります。すると暴投により本塁に帰塁した谷口の得点が無効になってしまうので、西川は1塁まで進み、サヨナラ勝ちを確定させたというわけです。

投稿: むずかしいけど | 2015年6月21日 (日) 16時41分

追記
バッターの松田が振り逃げ状況で、走らずに「ダートサークルにとどまっている」状況は、すなわちタッチされるまでアウトにならない、という状況ですね。

投稿: むずかしいけど | 2015年6月21日 (日) 10時10分

つまり、振り逃げが出来る状況になったとき、バッターランナーがアウトになる前に、三塁走者がサヨナラの得点となるホームベースを踏んだため、その時点で試合終了となって、バッターランナーがアウトになろうがなるまいが関係ないのでは。
たしかに「サヨナラ振り逃げ」ではしっくり来ませんが、新聞などの見出しには暴投より振り逃げの方がセンセーショナルなのでそう書かれたのでしょう。

投稿: むずかしいけど | 2015年6月21日 (日) 10時03分

ねこぱんだ様、コメントをありがとうございます。

> 第3ストライクが宣告されたとき、打者は一塁に走るそぶりを見せないままバッターサークルを出ると、その時点で自動的にアウトになるので、一塁に走らなくても試合は成立します。

それは知っています。

でもこの試合のサヨナラの場面では松田はアウトになっていません。

このシーンは一死二、三塁で置きました。

松田は三振、その投球を捕手が逸らす間に三塁走者が生還。サヨナラゲームになりました。

ねこぱんださんが指摘するように一塁に走るそぶりを見せない松田をアウトとすると言うことも考えてみましたが、この試合は記録上、九回の一死で終わっています。

九回裏の頭から登板した増井は1/3イニングという記録になっていますので、松田はアウトになっていません。

もちろん、仮にアウトだとしても二死ですから、サヨナラゲーム成立に支障はありませんが、少なくとも敗戦処理。的にはサヨナラ振り逃げは成立していません。

投稿: 敗戦処理。 | 2015年6月20日 (土) 13時19分

第3ストライクが宣告されたとき、打者は一塁に走るそぶりを見せないままバッターサークルを出ると、その時点で自動的にアウトになるので、一塁に走らなくても試合は成立します。

投稿: ねこぱんだ | 2015年6月19日 (金) 09時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/38724/60370298

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年のパ・リーグ優勝は本当はオリックス・バファローズだった!?-あの合併騒動勃発の日からちょうど11年後の日に書くとんでもない話。:

« ファイターズのブランドン・レアード、あのドン・ジマーらと並ぶ球団史上歴代最多記録達成! | トップページ | 【2015年セ・リーグ公式戦の怪】史上最弱チームの優勝!?史上最弱チームの日本シリーズ出場!? »